<< 長生き猫さん/長生きの秘訣.そ... テレビ観賞を楽しむ猫さん >>

猫さんの誤飲にご注意を。

まだ、ももちゃんを迎える前の事。
麻縄の爪とぎで、ガリガリと爪のお手入れをするのが
大好きなうめちゃんのために、
同じ麻素材なら馴染みも早いだろうと、
麻で作ったねずみの玩具をプレゼントした事があります。

うめちゃんは、すぐに気に入って、盛大にかみついたり、
抱きかかえてキックをしたりと、大層喜んでくれました。

数日たったある朝、ねずみちゃんの頭についていたゴムが、
無惨にもかみ切られている事に気がつきました。

ねずみちゃんの頭に残っているゴムは、ほんの数センチ。
近くに転がっているゴムも数センチ。
どうやらうめちゃんは、夜の間にゴムを2ヶ所かみ切る事に成功したようです。

…とすると、間にあったはずのゴムはいずこに?
部屋中探しましたが見つかりません。
行方のわからないゴムの長さは15センチにはなるでしょう。

もしや、うめちゃんのお腹の中では?
あちこち探し回りながら、嫌な予感はふくれあがり、
焦りともつかぬ感情が押し寄せてきます。

大変!困ったぞ!

うめちゃんに「ゴム食べちゃったの?」と聞いても、
いつもと変わらぬ愛くるしい表情で私を見つめ返してくれるだけ。

そうこうしている間に、うめちゃんが「ケッケッ」と苦しそうに嘔吐を始めました。
何と、私の不安は的中してしまったようです。

すぐに病院へ駆け込み事情を説明。

お腹の中でゴムやひもが丸まってくれれば自然に排泄されるが、
そうでない場合には手術して取り出す必要があるとの診断。
とりあえず排泄を促すための薬をいただき、病院を後にしました。

d0165160_12234148.jpg
































落ち着かない一夜が明けた翌日、
うんちと共に、待ちに待ったゴムが顔を出してくれました。

幸いにも事なきを得ましたが、手術になっていたらと思うと、
今思い出しても何とも恐ろしい事です。

「いつもそんな事はしないから」という安易な考えが招いた事態。

共に暮らす猫さんの健康面に気をつけてあげることは当たり前の事。
それに加えて、生活上の安全面も、しっかり整えてあげるのが私の責任なのだと実感し、
深く反省した出来事でした。

ビニールやセーター等、好ましくないものを食す猫さんも多いもの。
くれぐれも、猫さんのお腹の中に不要な物がたまらないよう、
異物を取り出すために手術をしなければならないなんて、
可哀想な目にあわせる事のないよう、
私たちがしっかりと注意してあげたいものです。

伸縮しないひもは、腸の入口と出口にひっかかってしまうと、
蠕動運動によって腸がひっぱられてしまうため、
特に気をつけてあげなければなりません。

また、長いひものついたおもちゃで遊ぶ場合、
体にひもが巻き付いてしまうという事故にも注意が必要です。

好奇心旺盛な猫さんゆえ、
周りには、気をつけてあげなければならない事がたくさんありそうです。

d0165160_1228294.jpg


























…………………………………………………………………………………………………………

お知らせです!
ペット食育協会(R)指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。
愛するパートナーに、食べる楽しみをあげたいという方、
安心・安全なごはんを食べさせてあげたいと思っていらっしゃる方、
ペットフードを食べたがらずに困っているという方などなど、
愛犬さん、愛猫さんの「食」を考えたい方に、おすすめです。

■日時/7月24日・土曜日 午後1時〜午後3時
■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

■お申し込み・お問い合わせ
 メールにてお申し込みの方/E-mail:cs@nekoyashiki.jp
 お電話にてお申し込みの方/Tel.022-388-3848

皆さまのご参加、お待ちしております。



全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

手作りごはん、とっても楽しいですよ。

…………………………………………………………………………………………………………

今日も、最後までおつきあいくださいましてありがとうございます。



d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
by ilove_nekoyashiki | 2010-07-13 12:30 | 猫さんの快適生活のために
<< 長生き猫さん/長生きの秘訣.そ... テレビ観賞を楽しむ猫さん >>