<   2010年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

追いかけっこのスイッチはどこ?

うめちゃんが私のもとに来てくれて間もない頃、
食事をするためのテーブルにのることは駄目だということを
覚えてもらいました。

覚えてもらったとは言っても、
決して難しいしつけなんぞというものをしたわけではありません。

食事をテーブルに並べた時、
「何?何?」という興味からテーブルにのるうめちゃんを
その度に「駄目よ」「ごはんの時は駄目ね」と言葉をかけながら
抱き降ろしていただけのことです。

ここにのっても、すぐに降ろされる
それはつまらない
つまらないから、ここにはのらない

うめちゃんの気持ちを想像すると、たぶんそんな風だと思います。

お兄ちゃん猫・うめちゃんを見て、真似て大きくなったももちゃんも、
不思議と、食事用のテーブルにはのりません。

きっと、うめちゃんが「ここにのってはいけないよ」と
ももちゃんに教えてくれたのでしょう^^


でも、やはり、猫さんは猫さん。
高くて、居心地の良さそうな場所があれば、そこに登るのは当たり前のこと。

食卓にはのらなくても、仕事机や、打ち合わせ用のテーブルには
何の遠慮もなく、まるで正しいことをするように堂々と飛びのり、ご満悦なおふたりです。


今日も、打ち合わせ用のテーブルの上に仲良く並んで
外を見ていた、うめちゃんとももちゃん。
何が、どういうきっかけになるのかはわかりませんが、
一瞬にして、追いかけっこモードのスイッチが入ったようです。

タタタタタタ…。
トトトトトトト…。
くるっ(方向転換)。
くいっ(方向転換を邪魔しようと、チョイと出る手)。

壁際で様子を見合って、
追いつめられた側が、今!という瞬間を逃さず、広い場所へ駆け出す…。

タタタ。
トトト。
ダダダダ。
ドドドドド。

やってる、やってるー。
ふたりの様子を見ながら、聞きながら、猫さんとの暮らしって、
何て楽しいんだろう、と喜びをかみしめる毎日です。

d0165160_1553324.jpg












最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
[PR]
by ilove_nekoyashiki | 2010-06-30 15:08

有り難き猫さんの教え

机の引き出しから書類を取り出し、
すぐにしまうからと、開けたままにしておいた、ほんの数十秒。

それまで、私の後ろで、長くのびていたももちゃんが
いつの間にか立ち上がり、
引き出しの中に頭を入れて、フンフンと鼻を動かしはじめました。

よし!ここに入る!と決意したももちゃん。

半分しか開いていない引き出しに入るための挑戦が、
今、ここに始まりました。

まずは、引き出しのふちに手をかけて中をのぞき、
中に危険がないかを確認。

よし!
危険はないと判断した彼は
両手を引き出しにかけたまま、後ろ足を静かに、しかし、力強く蹴り、
一瞬の後、引き出しの中に無事、到達。

d0165160_14291929.jpg


































第一関門クリア。
次なる挑戦は、そこに、気持ち良く眠るための姿勢を整えること。

d0165160_14312580.jpg
d0165160_14315029.jpg









「こうか、いや、こっちの向きのほうがよさそうだな」と
何度か体の回転を繰り返した後

d0165160_1438740.jpg
d0165160_14382815.jpg
d0165160_14385228.jpg
d0165160_143913100.jpg



















とうとう、すっぽりおさまることに成功。

素晴らしき、飽くなきチャレンジ精神!

「やる前から、できないと決めつけるな」とか
「決して最後まであきらめるな」とか
「自分で限界を決めるな」とか
「やればできる」とか
「失敗をおそれるな」とか
「目的を達成するための方法はいく通りもある」とか
「この方法が駄目なら、次の方法を探せばいい」とか
「あきらめなければ、必ず成功が待っている」とか
相棒猫・うめちゃん、ももちゃんから、日々教わることはたくさん。

「こう!と決めたことは、最後までやり通す。
 そのためにできることは何でもやってみる」ことを、
まさに実践してみせてくれたももちゃんです。

ありがとう、ももちゃん。
次なる挑戦者は、うめちゃんかな?



今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


…………………………………………………………………………………………………………

お知らせです!
ペット食育協会(R)指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。
愛するパートナーに、食べる楽しみをあげたいという方、
安心・安全なごはんを食べさせてあげたいと思っていらっしゃる方、
ペットフードを食べたがらずに困っているという方などなど、
愛犬さん、愛猫さんの「食」を考えたい方に、おすすめです。

■日時/7月24日・土曜日 午後1時〜午後3時
■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

■お申し込み・お問い合わせ
 メールにてお申し込みの方/E-mail:cs@nekoyashiki.jp
 お電話にてお申し込みの方/Tel.022-388-3848

皆さまのご参加、お待ちしております。



全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

…………………………………………………………………………………………………………


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
[PR]
by ilove_nekoyashiki | 2010-06-29 14:47

相棒猫・うめちゃん、ももちゃんに手づくりごはんを続ける理由(3)

先日、大切な猫の相棒に手作りごはんを続ける理由の2つめとして、
ももちゃんのドロッドロの真っ黒目やにが
手作りごはんに変えたことによって、まったく出なくなったという事実を
ご紹介させていただきましたが、
実は、目やにに関しては、うめちゃんにも同じ効果が現れているのです。

うめちゃんは、おそらく生後2ヶ月位だろうという頃、
私のもとに来てくれた子。
私のところへ来た時には、ウイルス性鼻気管炎を患っていて、
左目はあつい膿で覆われ、開くことすらできずにいました。

1歳を迎える頃まで、何やかんやと病院通いは続き、
それ以降も、月に一度位のペースで病院の診察を受けていたと記憶しています。

ウイルス性鼻気管炎の感染が影響していたのか、
うめちゃんは、少しでも体調が悪くなったり、ストレスを感じたりすると
左目がぷっくりと腫れてしまったり、大粒の涙がぼろんぼろんとこぼれ出たりと、
その変調のほとんどが、左目に現れていました。

毎日毎日、日に何度も目やにをふいてあげることが、
日課のひとつになっていたことを、今回、改めて、遠い昔の記憶として
思い出しました。

そうなんです。
手作りごはんを始めて以来、うめちゃんの目やにも、ぴたりとやみました。

机の上に脱脂綿を常備し、
ひざの上にやって来たうめちゃんの目やにをふいてあげていたことが
懐かしいくらいです。

もちろん、目が腫れたり…などということも、いっさいなくなりました。

うめちゃん、ももちゃんは、ここ数年、
病気治療のために病院へ行ったことがないのです。

私は獣医師ではありませんので、詳しいことは何ともわかりませんが、
私なりに分析してみると…。

体の中の老廃物が外に出たことにより、
体が本来持っている機能が正常に働き出し、
それまで、体調の悪さを引き起こしていた、何らかの要因となるものを
体が上手に処理できるようになったのではないか、と思っています。

あんなに病院と縁の切れなかった日々が嘘のようです。

病院の診察台の上では、暴れることもなく、
先生に「とてもいい子だね」と褒められるくらい、物わかりのいいうめちゃん。
でも、それだけに、うめちゃんにとって、病院へ行くこと自体が
大きなストレスであったことは想像に難くなく…。

そのストレスから解消してあげることができたことだけでも
私にとって、手作りごはんは大きな意味を持っています。

うめちゃんにとっても、ももちゃんにとっても、
手作りごはんが合っていることは疑いようもなく、
むしろ、いいこと尽くめの手作りごはん。

やはり、これからも、手作りごはんを続けていこうと思うのです。


d0165160_1434402.jpg






















お知らせです!
ペット食育協会(R)指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。
愛するパートナーに、食べる楽しみをあげたいという方、
安心・安全なごはんを食べさせてあげたいと思っていらっしゃる方、
ペットフードを食べたがらずに困っているという方などなど、
愛犬さん、愛猫さんの「食」を考えたい方に、おすすめです。

■日時/7月24日・土曜日 午後1時〜午後3時
■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

■お申し込み・お問い合わせ
 メールにてお申し込みの方/E-mail:cs@nekoyashiki.jp
 お電話にてお申し込みの方/Tel.022-388-3848

皆さまのご参加、お待ちしております。



全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

手作りごはん、とっても楽しいですよ。



今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
[PR]
by ilove_nekoyashiki | 2010-06-28 14:35 | 猫さんの手づくりごはん

天然無垢材のキャットタワー「キャットツリーひぐらし」の新しい使い方

下の写真は、猫屋敷オリジナル、天然の無垢材を使用して作った
「キャットツリーひぐらし」の支柱1本・ハウス付きの標準タイプです。

d0165160_1473738.jpg






























私の相棒猫・うめちゃん、ももちゃんは、
風に揺れる草花を眺める時、庭にやって来た鳥さんたちに話しかける時、
あるいは、お昼寝をする時等、
それぞれの用途に合わせて上手に利用してくれています。
もちろん、猫さんが大好きな上下運動もできる、優れものです^^

d0165160_148487.jpg

























こんな顔をして、ひぐらしハウスの中、眠るのが好きなももちゃんから、
さきほど、キャットツリーひぐらしの新しい使い方の提案がありました。

何と!
ひぐらしの台座は、まくらにもなるという発表です。
ひぐらしの用途がますます広がり、とても快適との事。
全国の、まくら好きの猫さんに、ぜひともおすすめしたいそうです(笑)。

d0165160_1493220.jpg














そして、時には、こんな使い方も。
うめちゃん、ももちゃんによると、
仲良し猫さんが、さらに仲良く過ごすためには必須のアイテム!との事。

d0165160_141174.jpg














キャットツリーひぐらしは、ステップ数を増やしたり、
全体を高くしたり、ハウスを大きくしたり…、猫さんのお好みや
お部屋のレイアウトに合わせたオーダーの承っています。

d0165160_1413342.jpg






























たとえば、上の写真、
猫さんが老齢になってからも登れるようにとのご要望で、
ステップを、低い位置に増やしたキャットツリーひぐらしです。
さらに、標準・160センチの高さを180センチまで高くしています。

d0165160_1415452.jpg






























そして、こちら。
落ち着ける「隠れ家」を作ってあげたいとのご要望で
下部分にもハウスを作りました。

天然の無垢材で作るキャットツリーひぐらしを通じて、
お客様の、猫さんへのやさしい想いを形にするお手伝いができること、
本当にしあわせで、とても有り難いことだと思っております。

ありがとうございます。


今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
[PR]
by ilove_nekoyashiki | 2010-06-26 14:24 | 雑記帳

美の競演!それを愛でる猫

まだ雪が降っている頃には、
根元近くでざっくりと切られていて、
ただの枯れ木にしか見えなかったのに、
春の訪れと共に茎がぐんぐん伸びて、
それに合わせるように大きな葉をつけて、
そして今、こんなにきれいな花を咲かせてくれました。

d0165160_7555143.jpg

















紫陽花の生命力って、すごいなぁと、ただただ、びっくり。
だって、本当にただの枯れ木のようだったのです。
それが、こんなにも…。
びっくりです、本当に、びっくり。

この時期になっても、庭のあちこちで
それぞれの花を咲かせてくれる植物たち。

d0165160_7583257.jpg
d0165160_7592169.jpg
d0165160_80993.jpg
d0165160_805564.jpg
d0165160_815192.jpg
d0165160_822064.jpg















じっくり、あせらず、今、この瞬間を待って花を開き、
のびやかに深呼吸しているという感じの子たち。
とても美しいのです。

庭に出ては、毎日、おぉ!とか、わぁ!とか、へぇーとか、
そんな声をはりあげています。


そして、そして。
毎日、私が作った手作りごはんを食べてくれている
うめちゃんとももちゃんのための、ミニトマトといんげん。

d0165160_863313.jpg
d0165160_87834.jpg



























よくぞここまで成長してくれました!と
ギュギュッと抱きしめたいくらいに感謝。
いんげんは、触ってみると、ちゃーんと実が入っています。
すごいなぁ。
もうそろそろ、収穫してもいい頃でしょうか。

d0165160_89678.jpg






























毎日、植物たちの変化を眺めるのが大好きなのは、
ももちゃんもいっしょのようです。



最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
[PR]
by ilove_nekoyashiki | 2010-06-25 08:14 | 雑記帳

相棒猫・うめちゃん、ももちゃんに手づくりごはんを続ける理由(2)

何年前のことだったか…。
ある時期、弟猫ももちゃんの目から、
真っ黒でドロドロした目やにが出るようになりました。

ドロドロしているから、ということもあり、
拭いても拭いてもきれいにはならず、せっかくの美男猫(笑)が台無し。

本人は、痛がる様子も、気にする様子もないのですが、
やはりこれは普通ではないということで、病院で診察を受けたところ、
点眼薬が処方されました。

お薬をあげても、特に、良くなるということもなく。

当時は、ただ漠然と、体質だから仕方がないのかな、
まめに拭いてあげるしか方法はないのだろうと考えていました。

ところが!
ところがです。
手作りごはんをはじめてから数週間。
気が付いた時には、このドロドロ目やにはまったく出なくなり、
ももちゃんは、きれいな、もとの美男猫に戻っていたのです。

「あら!?ももちゃん、お顔きれいね」なんて。
手作りごはんで目やにをなくそうなんて、
そんなことを考えて手づくりごはんを始めたわけではなかった私は
ももちゃんに現れた変化に、本当にびっくりしました。

これは、あくまでも、私個人の考えではありますが…。

まずは、ももちゃんの体の中で処理しきれなかったドロドロの老廃物が
体の中をさまよい、行き場を求め、その結果、涙腺から出てきたのではないかと想像できます。

手作りごはんを食すことで、自然にたくさんの水分が体内に摂り込まれ、
結果、体は、いらない物を外に出すためにしっかりと働けるようになり、
体にたまっていて、涙腺からしか出られなかった老廃物は、
おしっことして体の外に出られるようになったのではないかと思っています。

つまり、本来、体が持っている、いらない物は外に出す、という機能が、
水分を体内に摂り込むことで正常に働きはじめたのだろうと想像できるのです。

ももちゃんは、現在も目やになしの美男猫。
時々、ドロドロの目やにがついていた頃を思い出し、
あー、きれいになって良かった、と思います。
目のまわりがきれいになってよかったということだけではありません。
たぶん、体の中もきれいになったのだと信じていて、それがとても嬉しいのです。

d0165160_836783.jpg






















お知らせです!
ペット食育協会(R)指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。
愛するパートナーに、食べる楽しみをあげたいという方、
安心・安全なごはんを食べさせてあげたいと思っていらっしゃる方、
ペットフードを食べたがらずに困っているという方などなど、
愛犬さん、愛猫さんの「食」を考えたい方に、おすすめです。

■日時/7月24日・土曜日 午後1時〜午後3時
■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

■お申し込み・お問い合わせ
 メールにてお申し込みの方/E-mail:cs@nekoyashiki.jp
 お電話にてお申し込みの方/Tel.022-388-3848

皆さまのご参加、お待ちしております。



全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

手作りごはん、とっても楽しいですよ。



今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
[PR]
by ilove_nekoyashiki | 2010-06-24 08:51 | 猫さんの手づくりごはん

東北楽天ゴールデンイーグルスの試合観戦

d0165160_164649100.jpg
d0165160_16474357.jpg











2010年6月22日。
対する相手は西武ライオンズ。
先発ピッチャーは、東北楽天ゴールデンイーグルスが誇る、田中マー君。

d0165160_16482537.jpg
d0165160_16505314.jpg










楽天イーグルスが、東北の顔として、
私たちを楽しませてくれるようになって6シーズン目。
本拠地・仙台に住んでいながら、なかなか機会に恵まれず、
昨日はじめて、クリネックススタジアム宮城に行ってきました。

5対3で負けはしたものの、
「あ、すごいチャンス!」という場面が何度もあり、
最後まで、わくわくどきどきしながら楽しませてもらった試合です。

いやー。楽しかったです。
やはり、球場に足を運ばなければわからない臨場感を
存分に味わってまいりました。

マー君の調子がイマイチだとか、
ここで、これをこうすべきだとか、周りからいろいろな声が聞こえてきましたが、
でも、まあ、選手の皆さんは、
昨日も、その時その場面、その瞬間で、持っている力はすべて出しきっていたはずで…。
その結果の負けですから、まずは、これからの巻き返しに期待したいところです。

一年目は97試合が負け。
しかし、昨年、野村監督さんが率いた楽天イーグルスは、リーグ2位。
初のAクラス(とのこと。にわか勉強です)。

不可能はない!
今年は、日本リーグに出場してくれることを願っています。


d0165160_1754542.jpg












こういう方々の力もあって、試合はスムーズに流れて行くのですよね。
何だか、そんなことにも感動を覚えた野球観戦でした。

いや、それにしても、ビールのおいしいこと、おいしいこと。
あっという間に高く積まれていくビールのカップ。
エコステーション(ごみを回収してくれる場所)に持っていくのが
少々恥ずかしいくらいでした^^



最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
[PR]
by ilove_nekoyashiki | 2010-06-23 17:09 | 雑記帳

猫さんの、お気に入りの場所獲得の優先権

たとえば、ある公園の小高い丘の木の切り株の上がお気に入りの猫さん、
梅吉くんと桃太郎くんがいるとします。

ある日、梅吉くんが「今日もあの切り株でお昼寝しよう」と
切り株にふりそそぐおひさまの光の気持ち良さなどを思い浮かべながら
足取りも軽やかに、うきうき気分で切り株に向かうと、
あら、残念。
すでに、桃太郎くんが、お腹をおひさまに向けてお昼寝をしていました。


こんな時、猫さんには猫さん同士のルールがあって、
後から来た猫さんが、たとえ、地域でいちばん強い立場にあろうとも、
そこを譲れと言うことはルール違反。
お気に入りの場所を最初に自分のものにした猫さんの勝ち。
後から来た猫さんは、仕方がないと潔くあきらめ、またのチャンスを待つというのが
一般的な図式なのだそうです。

さすが、争い事を好まないとされる猫さん。
生き方の美学を感じます。



しかし、しかし。
何と言うことでしょう。

d0165160_12213165.jpg











昨日、私の相棒猫・うめちゃんの行動は、美学を無視した、
いささかおとな気のないものでした。

風の通る、涼しい場所で、まるで行き倒れてしまったかのように
体を長く伸ばして眠っているももちゃんに
うめちゃんが「ここはぼくの場所だよ」とちょっかいを出し始めたのです。

d0165160_12233173.jpg
d0165160_1224823.jpg














しばらくの間、応戦を続けていたももちゃんですが、
結局のところ、自分がそこから立ち去り、うめちゃんに場所を譲るということで
決着をつけることにしたようです。

『早い者勝ち』のルールではなく、
『年長者をたてる』という、ももちゃんの、うめちゃんに対する心遣いが
平和を維持するのに役立ったということなのでしょう。
うめちゃんとももちゃん、ふたりの中で成立するルールと言えるのかもしれません。

ももちゃんが去った後、奪い取った場所で、
のんきに毛づくろいなんぞし始めたうめちゃんを見ながら、
後で、そっと、ももちゃんを褒めてあげようと、心に誓いました。

d0165160_12262740.jpg














まぁ、ごくごくたまに、こんなこともあるふたりですが、基本的には仲良し。
数時間後には、こんな風に、ふたり並んで過ごしておりました。


お互いのいいところも、そうでないところもぜんぶ認め合っている、
ということでいいかな?うめちゃん、ももちゃん。


最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
[PR]
by ilove_nekoyashiki | 2010-06-22 12:27 | 猫さんの習性・猫さんの個性

相棒猫・うめちゃん、ももちゃんに手づくりごはんを続ける理由(1)

相棒猫・うめちゃん、ももちゃんに
手づくりごはんを続けている理由がいくつかあります。

そのひとつが、うんちの状態なのです。

手づくりごはんに出会うまで、
ももちゃんは、とにかく、常にお腹のゆるい子でした。

長毛の猫さんゆえ、
トイレの後はおしりの毛にうんちがついているというのがしょっちゅう。

そのたびにおしりを洗ってあげなければならず、
おしりを洗われるたびにももちゃんは、この世の終わりとばかりになき叫び…。

おしりを洗うことが、ももちゃんにとっては大きなストレスであることは間違いなく、
ももちゃんがそれでストレスを感じることは、私にとってもつらいことでした。


あれでもない、これでもない、これもだめ。
さてさて、どれがいいのだろう。
ももちゃんに合うドライフードを探し求める日々が続きましたが、
結局、これといったものは見つからず…。


ももちゃんのうんちの問題を解決してくれたのは、
「食べる楽しみをあげたい」という、食いしん坊らしい想いからはじめた
手づくりごはんでした。
当時は、手づくりごはんが、ももちゃんの問題を解決してくれるなんて、
考えてもいませんでしたので、
思いがけないプレゼントをもらったような、とても嬉しい気分でした。

これは、あくまでも、私個人の見解ではありますが、
ドライフードに入っている共通の何かが、
ももちゃんのお腹には合わない、ということなのだろうと思っています。


そして、うめちゃんのうんち問題もまた、手づくりごはんが解決してくれたのです。

ももちゃんとは対照的に、とにかくカチカチのうんちだったうめちゃん。
このまま、うんちをトンカチにできるのではないかと思うほど(笑)。
年齢を重ねると便秘がちになるとはよく言われることで、
この子は年をとったら、うんちを出すことにも苦労するのではないかと、
そんな心配をしていたのです。

ところが、手づくりごはんにしたら、何とまぁ、これも解決!
毎日、ほどよく水分を含んだ、実にいいうんちをしてくれています。

手づくりごはんがもたらしてくれた、想定外のメリットに感謝。
手づくりごはんに出会えて、本当によかったと思っています。

手づくりごはんのメリットは、他にも、たーくさん!
あなたの猫さん、犬さんにも、手づくりごはんという選択肢、増やしてみませんか?



お知らせです!
ペット食育協会(R)指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。
愛するパートナーに、食べる楽しみをあげたいという方、
安心・安全なごはんを食べさせてあげたいと思っていらっしゃる方、
ペットフードを食べたがらずに困っているという方などなど、
愛犬さん、愛猫さんの「食」を考えたい方に、おすすめです。

■日時/7月24日・土曜日 午後1時〜午後3時
■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

■お申し込み・お問い合わせ
 メールにてお申し込みの方/E-mail:cs@nekoyashiki.jp
 お電話にてお申し込みの方/Tel.022-388-3848

皆さまのご参加、お待ちしております。



全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

手作りごはん、とっても楽しいですよ。

d0165160_14242448.jpg



















最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
[PR]
by ilove_nekoyashiki | 2010-06-21 14:33 | 猫さんの手づくりごはん

かけがえのない存在

相棒ばかで大変恐縮ではございますが…^^

d0165160_1348097.jpg
d0165160_13481366.jpg























こんなかわいい寝顔を見てしまったら、
体の力が、ほにゃら〜んと抜けてしまって。

ついつい、その場にすわりこみ、
「気持ちよさそうね」とか「愛してるよ」とか「大好きよ」とか
何だか、そんな言葉を連発している自分がいます。

私のそばに、こんなにも愛おしい相棒がいてくれることのしあわせを
かみしめる瞬間です。

アメリカの、ある動物学者さんが言っていました。
「猫を、かけがいのない存在として向き合った時、
猫の気分や感情を理解し、尊敬を深めることができる」と。

言われてみれば当たり前のことのようだけれど、
でも、本当にその通りだなぁと、しみじみ思ったりして。
きっと、心から愛し、愛された時、
私たちは、お互いに、より深く信頼し合える関係になれるのでしょうね。

みなさまの、かけがえのない存在である猫さんが、
今日も元気いっぱいでありますように。


最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
[PR]
by ilove_nekoyashiki | 2010-06-19 13:56