<   2010年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

猫さんの便秘解消のための手作りごはん

ペット食育協会(R)のお仕事のひとつとして、
猫さんのための手づくりごはんのレシピをいくつか作成しました。

ごはんを作り終えて、撮影。
きちんと撮れているかどうかをパソコン画面で確認し、現場に戻ると、
何と、ごはんを試食してくれているももちゃんに遭遇しました。

d0165160_153948100.jpg
d0165160_15402672.jpg




















ありゃりゃ、ももちゃん。

きっと、おいしい香りに誘われて、我慢がならなくなってしまったのでしょう。
昨日から、何となくわさわさしていたため、
ドライフードで我慢してもらっていました。
手作りごはんが大好きなももちゃんにとっては、
「ヤッホー!やっと出来たんだね」という気持ちだったのかもしれません。

化学物質なし、保存料もなし。
旬の食材の持つパワーを、そのまま摂り込める手づくりごはんを
好んで食べてくれるももちゃんに感謝です。

何よりも、今回作った新しいメニューは、
ももちゃんにとって、とてもおいしいごはんだという、何よりの証拠。

決してお行儀の良いお話ではありませんが、
たまにはこんなことがあってもよし!としたい気分です。

さて、今回作ったのは、便秘気味の猫さんのためのごはんです。
使用した食材は、メインとなる鶏肉の他に、
ごぼう、ブロッコリー、ひじき、こんにゃく、大豆等、食物繊維たっぷりのもの。
便秘解消にも効果が期待できますし、何と言ってもヘルシーですよね。

d0165160_15344684.jpg



















………………………………………………………………………………………………………………………

お知らせです!
ペット食育協会(R)指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。
愛するパートナーに、食べる楽しみをあげたいという方、
安心・安全なごはんを食べさせてあげたいと思っていらっしゃる方、
ペットフードを食べたがらずに困っているという方などなど、
愛犬さん、愛猫さんの「食」を考えたい方に、おすすめです。

■日時/8月21日・土曜日、9月18日・土曜日、 いずれも午後1時〜午後3時
■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

■お申し込み・お問い合わせ
 メールにてお申し込みの方/E-mail:cs@nekoyashiki.jp
 お電話にてお申し込みの方/Tel.022-388-3848

皆さまのご参加、お待ちしております。



全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

手作りごはん、とっても楽しいですよ。

………………………………………………………………………………………………………………………

最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
by ilove_nekoyashiki | 2010-07-31 15:46 | 猫さんの手づくりごはん

猫さんだもの。ねぇ、うめちゃん。

あら?うめちゃんは?

玄関ドアの開け閉めには十分に注意しているし、窓についても同様。

もともと、外に出る習慣はないため、
すきを見て外に出る、なんてことはないだろうとは思っていても、
日に何度か、この「あら?」がやってきます。

ふくまるベッドの上や、私の机の下に置いた棚の上など、
いくつもお気に入りの場所を持っているうめちゃん。
その時どきの気分に合わせて、好きな場所で、好きなように過ごしてくれるのは
実に嬉しいことです。

d0165160_12253073.jpg






















とは言っても、時々押し寄せる「あら?」は気持ちとしておさえようなく、
そのたびに、あちらこちらを探しまわることに。
大抵は、想像した通りの場所でくつろいでいるうめちゃんを発見し、
「あら、うめちゃん。ここにいたのね。気持ち良さそうね」と言って
頭や顔や体中を撫で撫ですることになるのですが、
昨夜、いつもいるはずの場所、すべてを探しても、うめちゃんの姿は見つからず。

「うめちゃん」
「うーめーちゃん」
「うめちゃーん」
根拠のない不安が、うめちゃんを呼ぶ声を切羽つまったものにしているのがわかります。

最後に姿を見たのはいつだったか。
外に出て行く機会はあっただろうかと、頭の中では、一日を忙しく振り返り。

何度か同じ場所を見てまわった後、次はどこを探せばいい?
などと考えながら、ふと視線を上に向けると、
何と、棚の上、のんびりと横たわるうめちゃんと目が合いました。

「うめちゃん!そんなところにいたの。探してるの知ってたでしょ。
お返事くらいしてちょうだいよ」と恨み言のひとつも出てしまうというもの。

一方で、普段、猫さんは高い所が好きですよね、という会話をしているのに、
まずは、高い所を探さない自分に、思わず苦笑ももれてきます。

うめちゃんの、このマイペースぶり。
「猫さんだもの、当たり前」と思う反面、
呼んだら返事をしてくれる、呼んだらそばに来てくれる猫さんになってもらっていたら、
もう少し安心だったかなぁという気持ちもあって。

自分の気持ちをとても大切にする猫さん。
名前を呼んだら来てくれるようにするなんて無理…、と思う方も
いらっしゃるかもしれませんが、
たとえば、猫さんが大好きな缶詰を開けながら名前を呼び、
来てくれたら、ご褒美にそれをあげる、ということを繰り返していると、
いずれ、缶詰がなくても、名前を呼べば来てくれる猫さんになる、という説もあります。

「今からでも遅くはない、やってみようか」という自分。
「いやいや。自由が好きな猫さんと暮らしているのだもの、
あまり多くのことは要求しないのが礼儀というもの」という自分。

昨夜の出来事で、今の私は間違いなく、後者の気持ちがより強いのだということを
認識しました。

そうよ、猫さんだもの。
誤って外に出てしまう可能性も含めて、あらゆる危険を想定し、
それを防いであげる努力を、私が、すればいいのでしょう^^


d0165160_12234714.jpg































………………………………………………………………………………………………………………………

今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
by ilove_nekoyashiki | 2010-07-30 12:26

階段は大事な運動の場所

タタタ、トトト。
今日も朝早くから、小気味よく響く
うめちゃん、ももちゃんの追いかけっこの足音。

タタタン、トトトン。
階段を登っては部屋をひとまわり。

トトトン、トコトコトン。
階段を降りて、今度は階下の部屋をひとまわり。

うめちゃん、ももちゃんの追いかけっこは、
途中で、どちらが負い手だったかがわからなくなるのが、
おもしろいところです。

登りは、うめちゃんが先頭だったのに、
下りはももちゃんが先導しているなんてことはしょっちゅう。

はてさて、ふたりの間にある追いかけっこのルールって?
なんて、考えてしまいます。

ルールはさておき、
うめちゃん、ももちゃんの追いかけっこの場の中心になっているのは
いつでも、階段。
上下運動が大好きとされる猫さんゆえ、
階段は、またとない格好の舞台となっているようです。


d0165160_13364027.jpg
































上の階で眠っているであろう、うめちゃんの様子を
階段の途中で探ってみたり



d0165160_13374421.jpg
































「あら、ももちゃん」と声がかかれば、
立ち止まって、声のするほうを見てみたり



d0165160_1336159.jpg
































でも、やはり、ふたりがいちばん楽しそうなのは
一足飛びに階段を登って行く時と、まっさかさまに階段を降りる時。
ふたりが元気に階段を登り降りしていると、
何だかこちらまで楽しい気分になって、元気でいられるから不思議です。

……………………………………………………………………………………………………

今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
by ilove_nekoyashiki | 2010-07-29 13:41

やさしい時間、しあわせの時間

何がそういう気持ちにさせたのでしょう。
久しぶりに、本気モードで、うめちゃんに甘えん坊するももちゃん。

最近お気に入りの私のバッグの上で眠っていたうめちゃん、
嫌がりもせず、甘えっ子さんのももちゃんを受け入れ、
一生懸命に、いい子、いい子。

d0165160_1123431.jpg
































まだまだ赤ちゃん猫さんだったももちゃんを迎え入れた時、
男の子であるにも関わらず、ももちゃんを懸命にお世話して、
お母さんがわりを果たしてくれたうめちゃん。
そのやさしさは、今も変わらず。

やさしいね、うめちゃん。
大きいね、うめちゃん。
素直でまっすぐ、自分の気持ちに正直なところもいいね、ももちゃん。

うめちゃん、ももちゃん、大好きよ。
そんな気持ちを伝えたくて、
甘えん坊するももちゃんと、
ももちゃんの気持ちを受け止め、いい子、いい子するうめちゃんの背中を、
そーっと、いい子、いい子。

静かで、やさしい時間。
胸がキュンとなるくらいしあわせなひととき。

ありがとう、うめちゃん。
ありがとう、ももちゃん。

一日に、何度もこんなにやさしい気持ちにさせてもらえることに、心から感謝。

本当にどうもありがとう。

……………………………………………………………………………………………………

最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
by ilove_nekoyashiki | 2010-07-28 11:27

こんな時こそ「大丈夫!」と言いたい…。

仙台、すごいすごい、それはすごい雨と雷でした。
今、ようやく空も明るくなり、
さきほどまでの大雨と雷が、まるでうそのようです。

d0165160_17291150.jpg






































最初は、突然の大雨に興味津々。
窓からのお外眺めを楽しんでいたうめちゃんとももちゃんですが、
さすがに、激しすぎる雨に腰がひけ、部屋のすみに避難。

間もなくなり出した雷に、
彼らの瞳孔は大きく開き、耳は、これまで見たこともないくらいに倒れ、
後ろに反っていました。
「こわいよねぇ、うめちゃん、ももちゃん」

一緒にいる人の動揺や恐怖や不安は、猫さんにも伝わるもの。
こんな時こそ「雷さんだね、大丈夫。心配ないよ。大丈夫、大丈夫」と
声をかけ、優しく撫でてあげたいところです。

…などと、理想は口にできても、何とまぁ情けないことに、
私自身「こわい」という想いがあるため、
きっと、うわべだけの「大丈夫」になっていたのではないかと反省しています。

ごめんね、うめちゃん、ももちゃん。
でも、もう大丈夫!
だって、雷さん、もう遠くに行ったもの。

皆様に、大雨や雷での被害等がありませんようにお祈りしています。



最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
by ilove_nekoyashiki | 2010-07-26 17:32

猫さんへの「行ってきます」のメッセージ

猫さんと暮らす私たちは、特に努力することもなく、
彼らの、さまざまに変化する声や表情、しぐさ、体全体からあふれ出る雰囲気などから、
その要求を読み取り、それらを満たしてあげながら毎日を暮らしています。

犬に比べて表情筋が少ないため
「何を考えているかわからない」と言われることもある猫さんですが、
何の、何の。
彼らの表現力の素晴らしさを見るたびに、
何と人とのコミュニケーションの取り方が上手なのかと感動させられます。

私たちが猫さんの気持ちを汲み取ることができるのと同じように、
いいえ、それ以上に、猫さんが私たちの気持ちや感情を理解してくれていることは
間違いがないのではないでしょうか。

「この子は私の言葉がわかるの」。
共に暮らす猫さんを、そんな風に紹介したことがある方も少なくありません。


玄関へのお出迎え
「ただいま」。
玄関の扉を開けて声をかけた時、迎えに来てくれるのは、たいてい、弟猫のももちゃん。
お兄さん猫のうめちゃんはと言えば、自分のお気に入りの場所から動くこともなく、
顔をあげるでもなく、眠ったままでのお出迎えです。

「うめちゃん、ただいま。お留守番ありがとね」
どこに居ても、たとえ眠っていても、
私がそう言いながら、自分の顔や頭、あごや体中を撫でに来ることを、
うめちゃんは知っているのです。

彼にすれば、私が帰るのは日常の生活の中、当たり前のことで、
気持ちの良いお昼寝を中断してまで「わざわざ迎えに出る必要はなかろう」
そんな心理なのでしょう。

でも、そんなうめちゃんが、「ただいま」という声をかける前、
扉を開けた瞬間に玄関に向かって走ってくることがあります。
彼が、私からは見えない秘密基地にいるために、
「行って来ます」の挨拶ができなかった時です。

d0165160_10582089.jpg


















「行ってきます」の挨拶
外出する際、うめちゃん、ももちゃんそれぞれに
「お出かけしてくるね。お昼までには戻るから、お留守番お願いね」と
撫でながら声をかけ、帰宅できる時間が、太陽がサンサンと降り注ぐ時間なのか、
夕焼けの頃なのか、あるいは電気を点ける時間になるのか、
そのイメージを一緒に伝えるようにしています。

撫でながらの「お出かけしてくるよ。この位の時間に帰ってくるね」のメッセージは、
確実にうめちゃん、ももちゃんに伝わっている、
そう確信するのが、先にご紹介した「行ってきます」を伝えられないままに外出した時の、
うめちゃんの『走り来るお出迎え』です。

もちろん、部屋のどこかにいるはずのうめちゃんに対して「行ってきます」と
声はかけてから出掛けるのですから、
私としては「うめちゃん。ちゃんと行ってきますって言ったよ」という気分なのですが、
撫でられることなく、直接語りかけられることのない「行ってきます」は、
彼にとっては「聞いてないよ。どこに行ってたの?心配したじゃない」ということに
なるのかもしれません。

つまり、うめちゃんにとって、私からの「行ってきます」のメッセージは、
お出かけしてくるねという言葉、撫でられること、帰宅時の部屋のイメージ、
それらすべてが揃って伝わるものなのかもしれないと感じています。

皆様と暮らす猫さんは、どんな風に皆様のメッセージを受け取ってくれているでしょうか。
そして、どんな風に気持ちを伝えてくれていますか?

声をかける、イメージを伝えて体にふれる…、
そんなことで、猫さんと私たちはもっともっと親密になれる、そんな気がしています。

さぁ、今日も、うめちゃん、ももちゃんにお出かけしてくるよの
メッセージを伝えてから出掛けることにしましょう。

d0165160_10585181.jpg






















今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
by ilove_nekoyashiki | 2010-07-24 10:59

今、人気のバッグ

「あ、そういえば、このバッグもあった」なんて、
たんすの中からひっぱり出した夏用のバッグ。

ももちゃんには、つめとぎ用として、
うめちゃんには、お昼寝用のまくらとして大人気です。

ふたりから取り上げて出掛けるのも何だか気がひけて
いつの間にか、おふたり専用のバッグになりつつあります。

ねぇ、うめちゃん、ももちゃん。
そのバッグ、今年、1回くらいは使わせてもらっていいかしら?

d0165160_19322848.jpg






















最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
by ilove_nekoyashiki | 2010-07-23 19:33

猫さんは上下運動がお好き

先日、猫さんの長生きの秘訣として
長生き猫さんには、精神的なストレスがなさそう、
長生き猫さんの多くが、歯がきれい、というお話をご紹介させていただきました。

最近、猫さんの「○○したい」という欲求を満たしてあげることも、
精神的ストレス、身体的ストレスから解放してあげる手段のひとつではないかと
感じています。

犬さんは、広い場所を思い切り走り回ったり、長い距離を歩くのが好きな動物ですが、
猫さんは、上下運動が大好きな動物。
タタタ、トトトという上下運動を繰り返した後、
高い場所に登って、下で動く人間の様子を見物、なんてことを、
ことのほか好む生きものです。

野生時代の猫さんは、獲物となる小動物を探すため、
あるいは、天敵から身を守るため、木の上で過ごしていたと言われており、
きっと、現代の猫さんにも、その遺伝子が脈々と受け継がれている
ということなのでしょう。

家の中に階段があれば、その階段を登ったり降りたりして、
十分な上下運動が出来そうです。

マンション等にお住まいで階段がないという場合には、
家具の配置を工夫して、段差を作ってあげることで、
そこを、猫さんの運動の場とすることができます。
「お部屋のレイアウトが…」というこだわりを捨ててしまえば(笑)、
意外に簡単に、猫さんの運動の場を作ってあげることができるのです。

家具を運動の場とする場合、上には、物を置かないことも大切です。
猫さんは、目の前にある物を、ツンツンと器用に手を使って落とすことが、とても上手。
「大事な思い出の品なのに〜」なんてことにならないためにも、
落とされて困る物、危険な物は、あらかじめしまっておくことをおすすめします。

大切な物を高い所に置いておき、
それを、猫さんが落としてしまったために壊れてしまったという場合、
その責任は、猫さんにあるのではなく、
そこに物を置いておいた、私たちの側にあるのだと認識することも必要ですよね(笑)。

さて。
宣伝になってしまって、とても恐縮ではあるのですが…、
上下運動が好き、高い所で過ごすのが好きという
猫さんの習性を満たしてあげるために、
猫屋敷オリジナルの「キャットツリーひぐらし」「無垢の家」
とてもおすすめです。
ぜひご覧になってくださいませ。

d0165160_1885100.jpg



























最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
by ilove_nekoyashiki | 2010-07-22 18:09 | 猫さんのための知恵袋

あっ!食べてくれた!

昨日作った、鱈とたっぷり野菜のスープです。

d0165160_17475095.jpg






















鱈は、何と言っても脂質が少なくてヘルシー。
ダイエットしたい猫さんにはおすすめの食材です。
坑酸化作用が認められるグルタチオンが含まれているのも嬉しいところ。

これまで、うめちゃん、ももちゃんには、
焼いた鱈をほぐしてあげていましたが、彼らからの人気は今ひとつ。

お皿に顔を近づけてスンスンとした後、
未練のひとつもなく、プイとどこかへ行ってしまう後ろ姿をただ見送るしかないという
悲しい経験を何度かしています。

しかし、鱈をスープ煮にしただけで、うめちゃん、ももちゃんの興味も態度も一変。
ふぐふぐと言いながら、おいしそうに食べてくれました。
今後、大人気メニューのひとつになりそうです。

彼らがスープ好きなのは知っていましたが、
なるほど、調理法ひとつで、こんなにも反応が変わるとは!
驚きです。

「この方法で駄目なら、何か別の方法で」
またひとつ、うめちゃんとももちゃんに教わりました。

頭は常にやわらかーくしておかないとね。
大事なことに気づかせてくれてありがとう、うめちゃん、ももちゃん。

このスープ、大根に白菜、にんじん、いんげん、しいたけ、糸こん、大豆が
入っています。

短く切った糸こんも、ちゃんとかみかみして食べるのね、なんて。
そんな観察もまた楽しい、手作りごはんなのです。

お塩とコショーで味を整えて、私も同じメニューをいただきました。
大豆がいいアクセントになっていて、とてもおいしかったです。



最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
by ilove_nekoyashiki | 2010-07-21 18:04 | 猫さんの手づくりごはん

イタタ…、でも嬉しい。

キャットツリーひぐらしの上で、ていねいに毛づくろいをするうめちゃん。

d0165160_1204491.jpg



































そっと顔を寄せると、「ついでにやってあげる」という感じで
いつも、2度、3度と私の顔も毛づくろい(笑)してくれます。

ザリザリした舌に、思わず「イタタ…」なんて声が出てしまうけれど
でも、本当はとっても嬉しかったりして。

うふふ。
ありがと、うめちゃん。

こんな時、私は、うめちゃんの子どもになったような、そんな気分。
そのままずっと甘えていたいような、不思議な気分になるのです。

大きくて、やさしいうめちゃん。
うめちゃんのそんなところ、真似しなくちゃと思います。

d0165160_123143.jpg


































最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
by ilove_nekoyashiki | 2010-07-17 12:04