<   2011年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

飼い主さんへ。猫さんは元気です。

ありがとうございます。
おかげさまで、今日も元気に過ごしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_13334986.jpg多賀城市桜木一丁目で保護された男の子猫さんを、
大切にお預かりしています。
お心当たりのある方、ご連絡をお待ちしております。
詳細はこちらをご覧くださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



左手をぷるぷるっと振って、小さくノビン。

これ、お預かりしている猫さん、
さくらちゃんの「ごちそうさま」の合図です。

どうして左手ぷるぷるなんだろう?
さくらちゃんの、そのポーズを見るたびに、思わず「ぷぷぷ」と笑ってしまいます。

こうして一緒に過ごす時間が長くなると、
少しずつ、さくらちゃんの、これまでの生活をいうものを
想像する材料が増えてきます。

それは楽しい発見でもあり、
胸をキュンとさせられる切ない発見でもあります。

とても気になるのは、
さくらちゃんがヘリコプターの音を、とても怖がること。

ここ数日はだいぶ少なくなってきましたが、
地震以来、やはり、通常では考えられない数のヘリコプターが
上空を行き来していました。

物怖じしないさくらちゃんが、ヘリコプターの音にだけは、
とても敏感に反応するのです。

さくらちゃんが保護された地域は、津波の被害が大きく、
保護してくださった方のお話によると、
ほとんどの家が、とても住める状態ではないほどに破壊されてしまっているとの事。

その状況を考えれば、地震の後、さまざまな理由で、
たくさんのヘリコプターが周辺の空を飛んだであろうことは想像に難くありません。

家族とはぐれて、ひとりになってしまったさくらちゃんが、
一軒のお宅の瓦礫の中に身を隠し、
ふるえながらヘリコプターの音を聞いていたのかもしれないという想像もできます。

そうだとしたら…。
どんなにか怖かったことでしょう、どれほど心細かったことでしょう。
彼が感じたであろう恐怖心や孤独感を思うと、つらくて、胸がつまります。

ヘリコプターの音が近づいてくるたび、
今の私にできるのは、
ただ、心をこめて「大丈夫だよ。大丈夫、大丈夫、大丈夫だからね」と言いながら、
さくらちゃんを抱きしめ、撫でてあげることだけ。
つらいです。

地震発生以来、
心から愛している猫さんの行方がわからなくなってしまった飼い主さんの気持ちは…。

せめて、さくらちゃんが私のところにいる間は、
不安なく、楽しく過ごしてほしい、そう思っています。

…というわけで。
昨日に引き続き、今日も、さくらちゃんの探検時間を設けました。

相変わらず、うめちゃん、ももちゃんを圧倒する活発さを見せ、
「あらまぁ」と言いたくなるほど行動派のさくらちゃん。
その自由奔放ぶりに、私としては、ほんの少し、心が救われる想いです。

うめちゃん、ももちゃんには、戸惑いを生じさせてしまっているけれど、
きっと彼らなら、その辺りの事情は汲み取ってくれるはずだと信じて、
それを祈るしかありません。

一日も早く、飼い主さんに、猫さんが無事に元気でいることを伝えることが
できますように。

d0165160_1335146.jpg
d0165160_13353490.jpg























うめちゃん、ももちゃんの戸惑いなどおかまいなし。
元気いっぱい!好きなように過ごしてくれているさくらちゃんです。



今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。
心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。
キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起



多賀城市桜木一丁目にお住まいの方に保護されたさくらちゃん(仮の名前です)。
何か、お心当たりのある方は、ぜひ、ご連絡をお願い致します。
tel.022-388-3848
E-mail : cs@nekoyashiki.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、
できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by ilove_nekoyashiki | 2011-03-31 13:47

活発猫さん vs ふたりのおっとり猫さん

ありがとうございます。
おかげさまで今日も元気に過ごしております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_1445975.jpg多賀城市桜木一丁目で保護された男の子猫さんを、
大切にお預かりしています。
お心当たりのある方、ご連絡をお待ちしております。
詳細はこちらをご覧くださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



さくらちゃんが来てくれてから毎日続けている
ケージの中のさくらちゃんと、うめちゃん、ももちゃんのご対面。

お鼻とお鼻をくっつけてご挨拶もできるようになった3にんさん。

ひとつの部屋の中、
うめちゃんは、のーんびりお外眺めを楽しみ、ももちゃんは、優雅に毛づくろい。
さくらちゃんも、ケージの中、落ち着いた様子。

そろそろいいかな?という想いが、むくむくと頭をもたげ、
よし!と、本日、さくらちゃんのケージの扉をオープン。

開けたらすぐ、思い切りケージを飛び出してしまうかもしれないと
想像していましたが、
思いのほか静かな一歩を踏み出したさくらちゃん。

動きだしたさくらちゃんを見つめるうめちゃん、ももちゃんは、
それまでののんびりムードから、ほんの少し警戒ムードに切り替わった模様。

そろり、そろりと二歩、三歩。

このまま静かな時間が過ぎるかと思いきや、
さくらちゃんの、静かな動きは長くは続かず、
何がきっかけになったのか、一瞬にして活発な子に大変身。

きっと、ご挨拶したかったのでしょう、
タタッと元気よくうめちゃんに駆けよったさくらちゃん。
うめちゃんに顔を近づけますが、
何とも残念なことに、さくらちゃんの急な動きに驚いてしまったうめちゃんは
へっぴり腰のまま、慌てて部屋のすみに。

それらを見ていたももちゃんもまた、びっくりしたように部屋を飛び出し、
足早に1階へと移動。

自分がうめちゃんを部屋のすみへ追いやったことなどお構いなし。
一向にそこから動こうとしないうめちゃんにしびれを切らしたのか、
さくらちゃんは、ももちゃんの後を追うという、次なる作戦に。

さあ、本格的な探検を開始するぞ!と大張り切り。

スンスンスン。
スタスタスタスタ。
スンスンスンスン。
スタタタタ。
スンスンスンスン、スンスン…。

階段、1階の部屋中、元気いっぱいに、ひととおりのにおいチェック終了。

気がすんだかな?と思っていたら、何を思ったか、おもむろにテーブルにのり。
「ここは駄目よ」と私に言われれば、
「それじゃ、ここは?」と言わんばかりに、台所の流しの上にのって、
またまた私を慌てさせ。

私の慌てぶりなど、何のその。
その後も、椅子にとびのり、パソコンのキーボードの上をスタスタ歩き、
棚に手をのばして、何やらチョイチョイ。
つめとぎを見つけては、ガリガリガリとつめをとぎ…。
次から次へと繰り広げられる、さくらちゃんワールド。
すごい、すごい。

さくらちゃんの、想像以上の活発さに、
私を含め、うめちゃんも、ももちゃんも、しばし呆然といったところ。

次第に笑いがこみあげてくるけれど、
あまりの元気ぶりに、圧倒されっぱなしのうめちゃん、ももちゃんのために、
今日のところは、いったん、さくらちゃんに探検を終了してもらうことに。

また少しずつ探検の時間を増やしていけば、
きっと、さくらちゃんの好奇心も落ち着くだろうし、
うめちゃん、ももちゃんの気持ちも落ち着いてくるでしょう。

あせらず、ゆっくり。
でも、着実に前へ。

あら、これ。
今の私たちに必要なキーワードかもしれません。

ありがとう、うめちゃん、ももちゃん、さくらちゃん。
あなたたちには、
毎日、たくさんのことに気づかせてもらって、学ばせてもらっていますね。

d0165160_15244162.jpg
d0165160_15253525.jpg
d0165160_15261557.jpg



































さくらちゃん、キャットツリーひぐらしも気に入ってくれたようです^^

今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
皆様の支えをいただき、今日も元気に過ごしています。
心から感謝申し上げます。
ありがとうございます。

キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起


多賀城市桜木一丁目にお住まいの方に保護されたさくらちゃん(仮の名前です)。
何か、お心当たりのある方は、ぜひ、ご連絡をお願い致します。
tel.022-388-3848
E-mail : cs@nekoyashiki.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、
できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by ilove_nekoyashiki | 2011-03-30 16:06

地震発生時の、猫さんの避難経路を確保してあげましょう。

ありがとうございます。
おかげさまで、今日も元気です!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_1445975.jpg多賀城市桜木一丁目で保護された男の子猫さんを、
大切にお預かりしています。
お心当たりのある方、ご連絡をお待ちしております。
詳細はこちらをご覧くださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



残念ながら、まだ「自由に探検OKよ」のタイミングをつかめず、
今も一部屋での生活を続けてもらっている、
お預かり猫さんのさくらちゃんがいる部屋は
少々大きな揺れがあっても、倒れる物、落ちて来る物がないよう、
安全を確保しました。

自由に、その時その瞬間の気分次第、
過ごしたいところで過ごしているうめちゃん、ももちゃんは、
彼らがそれぞれ、自分たちで「こわい!」「危険!」と感じた時、
2階の部屋に避難してくれることが判明しています。
問題は、そこに行くまでの避難経路の安全確保。

うめちゃん、ももちゃんが1階で過ごしている場合、
2階へ避難する際の出口となる扉は2つ。

まだ寒さの残る今の季節、エコの観点からも、
暖かい空気が少しでも逃げないよう、ひとつの扉は完全に閉め切り状態。
もうひとつの扉は、ドアストッパーを利用して、彼らが行き来できる分だけ
開けておくようにしています。

これまでは、私が留守にする場合も、扉はその状態にしていましたが、
地震発生以来、出掛ける時には扉を2つとも全開にしてフックをかけ、
決して閉まらないようにすることにしました。

2階へ行ける扉が2ヶ所あることを、すでに十分に理解してくれている彼らに
「ここ、開けて行くからね」と扉が2つとも開いていることを伝えてから
出掛けるようにしています。

私がいる時には、必要な時、すぐに扉を開けて、
2階への道を作ってあげることができるけれど、私がいない場合には、それができません。

それならば、せめて。
彼らの避難の際、その経路に妨げになる物を置かず、経路を確保しようと思い至りました。

今まで、あまり意識もせずにいたことですが、
これらも、彼らの身の安全を守るためにできることのひとつだと感じています。

d0165160_15522371.jpg
d0165160_15525492.jpg





























今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、
できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by ilove_nekoyashiki | 2011-03-29 16:04

ありがとうございます、おかげさまで、新しい一歩を歩みをはじめることができます。


d0165160_1445975.jpg多賀城市桜木一丁目で保護された男の子猫さんを、
大切にお預かりしています。
お心当たりのある方、ご連絡をお待ちしております。
詳細はこちらをご覧くださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



大変有り難いことに、
配達業者さんが業務を開始してくださいましたことをうけて、
「猫屋敷・楽天市場店」も、再開の一歩を踏み出すことに致しました。

こんなにも早い時期に業務を再開することができますのも、
たくさんの皆様から、あたたかいご支援をいただいたおかげでありますこと、
改めて、心より御礼申し上げます。

ありがとうございます。
心より感謝申し上げます。
心より御礼申し上げます。
どうもありがとうございます。
本当にどうもありがとうございます。

地震の発生以来、本当にたくさんの皆様からご心配、励ましをいただきましたこと、
とてもとても有り難く、私たちの大きな勇気になりました。

この感謝の気持ちを表現するための言葉が見つかりません。

ありがとうございます、を何度繰り返しても、どうしても足りない想いです。
何かいい言葉が見つかるといいのですが…。

ただただ、今は、本当に、心から、どうもありがとうございます。

皆様に支えていただいていること、
皆様に、たくさんの愛をいただいていること、
皆様のお心遣いに満たされていることを、
改めて、強く強く感じさせていただきました。

ありがとうございます。

今回、皆様に学ばせていただいたことを決して忘れず、
謙虚な気持ちで、一歩一歩、前に進んで参りたいと思っています。

配送業者さんの営業状況、道路事情等の理由から、
ご注文いただいた製品をお届けできるまでに1週間から10日間の時間を
いただかなければならず、時間指定でのお届けもできない状況です。

また、大変申し訳ないのですが、
キャットツリーひぐらしは、工房からの搬出ができないため、
お届けできるまで、もう少し、お時間をいただけますようお願い申し上げます。

業務再開とは言え、まだ、完全な状態には至らず、
ご不便等をおかけ致しますこと、大変心苦しく、大変申し訳ないのですが、
どうか、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

これからも、猫屋敷を、どうぞよろしくお願い致します。




d0165160_17565898.jpg



















先週土曜日の朝、雪の積もる庭に見つけた光景です。
猫さんが、ゴロリンしている姿に見えませんか?

ここだけ雪が積もらなかったのか、
ここだけ、こんな風に雪がとけたのかはわかりませんが、
少しでも時間がずれていたら、
この猫さんには、きっと会えなかったことでしょう。

ちょっぴり、うきうきの、猫さんとの出会いでした。


今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
心より、御礼・感謝申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、
できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by ilove_nekoyashiki | 2011-03-28 18:01 | お知らせ・お願い

犬さん、猫さんを探していらっしゃる方、犬さん、猫さんを保護してくださっている方へ。

家族の一員として暮らしていた大切な犬さんや猫さんとはぐれてしまい、
心を痛めていらっしゃる方、
あるいは、犬さん、猫さんを保護していらっしゃる方も
少なくないのではないかと思います。

仙台市動物管理センターによると、
ご自身の犬さんや猫さんを探していらっしゃる方は
まずは、電話にて問い合わせてほしい、との事です。

現時点で、たくさんの保護された犬さん、猫さんが、
仙台市動物管理センターの他、善意であずかってくださっている個人様のお宅で
元気に過ごしながら、飼い主さんが迎えに来てくれるのを待っているそうです。

はぐれてしまった、もう会えない、などと諦めず、
ぜひとも仙台市動物管理センターあてにご連絡なさってくださいませ。


また、迷子らしい犬さんや猫さんをご自宅等で保護してくださっている方も、
犬さん、猫さんを保護した日時、特徴等を
動物管理センターあてに知らせてほしい、との事でした。

仙台市動物管理センターへ連絡することで、
会えないと思っていた大切な動物家族に、再び会えるかもしれません、
大切な動物家族の行方を探している方と動物の再会をお手伝いできるかもしれません。


仙台市動物管理センター
〒983-0034 仙台市宮城野区扇町6丁目3番3号
電話 : 022-258-1626 ファクス : 022-258-1815
メールアドレス : fuk005570@city.sendai.jp

by ilove_nekoyashiki | 2011-03-26 13:40 | お知らせ・お願い

命名。「猫さん」から「さくらちゃん」へ。

ありがとうございます。
おかげさまで、今日も元気です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_1445975.jpg多賀城市桜木一丁目で保護された男の子猫さんを、
大切にお預かりしています。
お心当たりのある方、ご連絡をお待ちしております。
詳細はこちらをご覧くださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


おあずかりしている猫さんに、
私のところにいてもらう間、さくらちゃんという名前で
過ごしてもらうことにしました。

うめちゃん、ももちゃん、さくらちゃん。

春の訪れを知らせてくれ、しあわせな気分を運んでくれる花たち。
何となく、おめでたい感じもあって^^

いつか、どんな事情かで猫さんを迎える時には
男の子であろうと、女の子であろうと「さくら」という名前で
暮らしてもらおうと決めていました。

今回、猫さんが保護されたのは、多賀城市桜木。
「さくら」の文字が入っています。
不思議と言えば、不思議な偶然。

一日も早く、飼い主さんのもとに帰ってもらうための努力は惜しまないつもりで、
その日が、少しでも早く来ることを願ってはおりますが、
一緒に過ごす間の呼び名が「猫さん」では、あまりにも他人行儀な気もして。



今、さくらちゃんには、さくらちゃん専用のお部屋を開放中。
そこで自由に過ごしてもらっています。

準備した「ふくまるベッド」で眠ったり、
おひさまの陽のあたる場所で、体を伸ばして日光浴を楽しんでくれたり、
びっくりするほどのリラックスぶり。

お顔を見に、その部屋に行くたび、
膝の上で、ゴロゴロ言いながら、まるまったり、のびたり、毛づくろいしたりして
過ごしてくれる甘えん坊さんです。

知らない部屋の中で、落ち着かないかもしれないと思い、
隠れ家として使ってもらえるよう、念のため、
部屋の中に、ももちゃんを迎えた時に準備したケージを組み立てましたが、
隠れ家としてのケージは必要なかったようです。

今のところケージは、
うめちゃん、ももちゃんと、さくらちゃんのご対面用にのみ使用。
一日に何度か、さくらちゃんに中に入ってもらい、
うめちゃん、ももちゃんを部屋に招いて、ご対面の時間を設けているのです。

ご対面の時間と回数は、少しずつ増やして…。

この調子なら、もうそろそろ、さくらちゃんにも、
すべての部屋を自由に歩きまわり、好きな場所を見つけてもらえるかな?とも
感じていますが、
その「そろそろ」が、今日なのか、明日なのか、もう少し先なのかの判断は
誤りたくないところ。

さくらちゃん、うめちゃん、ももちゃん、みんなのストレスにならないよう、
慎重にタイミングをはかりたいと思っています。

d0165160_12253992.jpg



























さくらちゃんの表情が、とてもやわらかくなってきているのを
感じています。
さくらちゃんが、安心しておだやかに過ごしてくれるのなら、
こんなに嬉しいことはありません。

d0165160_12265665.jpg
d0165160_12273019.jpg



















うめちゃんも、ももちゃんも、のんびりおだやか。


今日の仙台、雪が積もって、とても寒いです。
各地の避難所に、みなさんが暖を取れるだけの灯油は行き渡っているのだろうか、
どうか、みなさんが、せめて暖かい場所で過ごしてくださっていますようにと
願うことしかできません。



今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございます。
キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起
by ilove_nekoyashiki | 2011-03-26 12:36

猫さんと飼い主さんが再び抱き合えますように。

ありがとうございます。
おかげさまで、今日も元気に過ごしております。



「どうぞいらっしゃいな」と声をかけるわけでもないのに
いつの間にか私の膝の上、
まるで当たり前のように、ゴロゴロ言いながら
心地よさそうに体をまるめて眠る猫さんを撫でながら、
地震発生以来、飼い主さんとはぐれ、10日以上もの間、
我が身を守り、命をつないだ猫さんへの敬意を感じずにはいられません。

人なつっこいが故に、人のそばを離れなかったことが幸いしたこと、
本当に良かったと胸がつまります。

撫で撫ですれば、すぐにコロリン。
お腹を撫でられるのもだーい好き。
リクエストにお応えしてお腹を撫でれば、両手は空中でフミフミをはじめ。

とにかく人とくっついているのが大好きで、それが、何とも切ないです。

このまま「私の相棒になってくれる?」と言ってしまうのは、
たぶん、簡単なこと。

でも。
こんなにも愛されて暮らしてきたことのわかる猫さんと
飼い主さんとの再会を果たすために、できる限り力を尽くすことが
私の役割だと思っています。

d0165160_15143976.jpg



























多賀城市桜木一丁目にお住まいの方に保護された猫さん。
何か、お心当たりのある方は、ぜひ、ご連絡をお願い致します。

tel.022-388-3848
E-mail : CS@nekoyashiki.jp

最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起
by ilove_nekoyashiki | 2011-03-24 15:21 | お知らせ・お願い

猫さんの身の隠し場所

ありがとうございます。
おかげさまで、今日も元気です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_1445975.jpg多賀城市桜木一丁目で保護された男の子猫さんを、
大切にお預かりしています。
お心当たりのある方、ご連絡をお待ちしております。
詳細はこちらをご覧くださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




ミシッ。
カタッ。

相変わらず余震が続き
そのたびに胃がキュッとなって、身体が固くなり、緊張状態。
ちょっと強い風が吹いて、
窓がカタリとなっただけでも心がザワザワ騒ぎ出し、
何とも落ち着かない毎日ではありますが、
とても救われるのは、うめちゃん、ももちゃんが、
震度3位の揺れなら、さほど動揺しなくなってくれたこと。

揺れるたびに「大丈夫よ、大丈夫、大丈夫」なんて言いながら、
実は、いちばん慌てているのは私かしら?などと思っています。

これだけ余震が多く、それに慣れてしまうと、
揺れることに警戒心を持たず、
自分たちなりの避難をしてくれなくなったらどうしよう?という心配が
頭をかすめましたが、しかし、心配は無用のようです。

そこはやはり、人間よりずっと勘の冴えている猫さんの事。
私が「あっ!」と思う揺れの時には、
彼らは、ちゃんと、自分が見つけた安全な場所に隠れてくれています。

彼らが安全だと感じて、身を隠す場所を知っておき、
そこに落下する物などがないように整えてあげる事、
そこを、より安全な場所であるように保ってあげるのが
彼らのためにできる、私の役目のひとつだと感じています。

皆様の大切な猫さん、
何か身の危険を感じた時、地震が起きた時に隠れる場所はどこですか?
猫さんにとっての安心の場所を
どうか、より安全な場所に整えてあげてくださいませ。

d0165160_134822100.jpg


















こんなふたりの姿に、いつも微笑みをもらっています。
うめちゃん、ももちゃん、どうもありがとう。

今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。
猫屋敷・鈴木美由起
by ilove_nekoyashiki | 2011-03-23 14:07

多賀城市桜木で保護した猫さんをお預かりしています。

多賀城市桜木一丁目で保護された猫さんをお預かりしています。
お心あたりのある方、ぜひご連絡くださいますよう、お願い致します。

とても心痛むことに、この地域は被害が大変大きく、
多くの方が、ご実家やご親戚、ご友人宅、
あるいは避難所での生活を送っていらっしゃるそうです。

猫さんは、倒壊した一軒のお宅の瓦礫の下に居着き、
物の整理等に訪れる、このお家の方から、片時も離れようとはしなかったそうです。

恐怖心や不安感が、とても大きかったのでしょう。
ずっとなき続けていたのだそうです。

d0165160_10294991.jpg
d0165160_1030252.jpg
d0165160_10305638.jpg





















お耳がとても大きくて、白と茶の美しい毛の男の子猫さんです。
去勢はしていないようです。
残念ながら、年齢はわかりません。

とても人なつっこくて、撫でられるのが大好き。
おしゃべりも大好きです。

あごの下を撫で撫ですると、ゴロゴロと言いながら、
コテンと転がり、お腹をだしてくれる子です。

少し前のようではありますが、つめが切ってあります。

室内で、大切に、とても愛されて暮らしていた猫さんであることは
間違いありません。

飼い主さんと猫さん。
とても密な関係で、毎日を暮らしていたことを察することができます。

だからこそ、なおの事、
飼い主さんが、猫さんの行方を探していらっしゃる事を思うと、
猫さんを愛し、猫さんと暮らす一人として、とてもとても胸が痛みます。

猫さん自身も、早く飼い主さんに会いたいであろうこと、
早く飼い主さんに撫で撫でしてもらいたいであろうことは
容易に想像することができます。

飼い主さんと猫さんが、再び会って、抱きしめ合い、
一緒に暮らすことができることを、ただただ願っています。

お心あたりのある方、どうか、情報をお寄せくださいませ。
ご連絡を、お待ちしております。

TEL.022-388-3848
E-mail : cs@nekoayshiki.jp

ありがとうございました。
キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起
by ilove_nekoyashiki | 2011-03-22 10:39 | お知らせ・お願い

ペットエコさん営業しているそうです。

有り難いことに、今、ペットエコさんが営業しているとの
情報をお寄せいただきました。

ペットエコ松森店は店内販売、10時から5時まで、
新中山店は、店頭仮設販売が10時から5時までだそうです。
by ilove_nekoyashiki | 2011-03-20 13:35 | お知らせ・お願い