<   2011年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

仙台市動物管理センター主催講演会「被災者とともに歩むペットロスケア」より.4 <喪の作業>

私たちは、動物を伴侶とし、
お互いに愛着を形成し、お互いに依存し合って生活を続けます。


そして迎えるのが、ペットロスという状況。


このペットロスという状況、
つまり、愛着を持っていた対象を失うことで始まる心的過程(心のプロセス)を
『喪の作業(悲哀の作業)』と呼び、


心理学的には
「いったん失った愛着対象へのこだわり(悲しみを伴う)から
 次第に解放され、その対象をなんらかのかたちで、再びわがものとして終結する」
ことが『正常な悲哀』と定義されるそうです。


定義上、愛着対象へのこだわり(悲しみ)は「終結する」とされているものの、
「本当に意味での終結はない」と、ご自身の胸をトントンとたたき、
「愛着対象を失った時の悲しみは、とても痛いです」とおっしゃる悠崎先生。


ここで言う終結とは、
悲しみがまったくなくなるという意味ではなく
「少しずつ少しずつ、痛みを伴わない悲しみに変化していく、という
 捉え方のほうが正しいでしょう」と、悠崎先生は、静かに言葉を続けます。


終結についての捉え方を
「悲しみが徐々にバックヤードに入って行く」
「涙が、あたたかい涙に変わって行く」
「苦痛が少なくなって行く」とも表現されていました。


大事な大事な伴侶動物の死を、終結させることができるのには、
大変長い長い時間が必要なことは間違いのないことなのだと思います。


心理学上 定義されている『喪の作業(悲哀の作業)の終結』とされる地点を、
あえて設定するとするなら、
何を終結と捉えるのか、に はじまり、
その時期、その形、その時の感情は、きっと皆それぞれで、
言い換えるなら、それは、自分にしか決められないことなのだろうと
私なりに解釈しました。


私はと言えば、20年以上も前に天国へと旅立った猫、たま を想う時、
いまだに涙はあふれ、胸がしめつけられるように痛みます。


でも、こうして悠崎先生のお話をうかがった上で振り返ってみると、
確かに、徐々にその痛みは少しずつやわらいでいるのを実感として
感じることができます。


今現在の気持ちとして、
私の、たま への喪の作業(悲哀の作業)が終結を迎えることは、
生涯において、決して訪れてはくれないように思えますが、
それでもやはり、私なりのペースで進んでいることは確かなようです。



■ 仙台市動物管理センター主催講演会
「被災者とともに歩むペットロスケア」より.1 <愛着について>


■仙台市動物管理センター主催講演会
「被災者とともに歩むペットロスケア」より.2 <依存について>


■仙台市動物管理センター主催講演会
「被災者とともに歩むペットロスケア」より.3 <ペットロスとは>





今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございます。
猫さんと皆様との絆が、今日も、いっぱい深まりますように。
キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛犬さん、愛猫さんのための、手作りごはんセミナー/入門編を開催のお知らせ

ペット食育協会(R)上級指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。

■日時/10月15日・土曜日、午後1時〜午後3時
 ※「こんなに簡単でいいの?」という調理をご覧いただきます。
  できたごはんは試食していただき、
  ご希望があれば、愛犬さん、愛猫さんのためのおみやげとしてお持ち帰りいただいています。
■受講費/3,500円(消費税・テキスト代込)

■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、
できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by ilove_nekoyashiki | 2011-09-29 11:34 | 講演会・講習会

二度寝注意報

涼しくなって、
うめちゃんがお布団にもぐりこんで来てくれるようになりました。

嬉しい季節です。

さあ、起きなければと思っても、
うめちゃんの、ふにゅふにゅやわらかくて
ほんわかあったかい体をなでなでしていると、
お布団からでるのが嫌になり、これは本当にこまった事態。

ピピピッ、ピピピッ!

毎日が、二度寝注意報発令中です。


その昔、一緒に暮らしていた茶トラの たま は、
決まって、朝、私が起きなければならない少し前の時間に
お布団にもぐりこんできたものです。

せっかく たま が来てくれたんだもの、
もう少しお布団の中でじっとしていなければ申し訳がないわ、などと
まことに勝手な言い訳をつくって、二度寝の気持ちよさに身をゆだね、
大学の講義の一コマ目を、よくさぼっていたことを思い出します。

猫さんから発せられる、無言の二度寝の誘惑。
(勝手に誘惑されているのですけれど…)

この誘いにのらないこと、私にとってはとても難しいこと。

これから、起きなければならない、でも…という
自分との戦いが続きそうです^^

d0165160_1312502.jpg























台風の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。



今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございます。
猫さんと皆様との絆が、今日も、いっぱい深まりますように。
キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛犬さん、愛猫さんのための、手作りごはんセミナー/入門編を開催のお知らせ

ペット食育協会(R)上級指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。

■日時/10月15日・土曜日、午後1時〜午後3時
 ※「こんなに簡単でいいの?」という調理をご覧いただきます。
  できたごはんは試食していただき、
  ご希望があれば、愛犬さん、愛猫さんのためのおみやげとしてお持ち帰りいただいています。
■受講費/3,500円(消費税・テキスト代込)

■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、
できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by ilove_nekoyashiki | 2011-09-22 13:15

仙台市動物管理センター主催講演会「被災者とともに歩むペットロスケア」より.3 <ペットロスとは>

自分が一体感を持っていた親しい存在、慣れ親しんだ環境、
特定の環境の中で身につけた役割を失う体験を、
心理学の世界では『対象喪失(オブジェクトロス)』と表現するそうです。



伴侶動物を失った状態を『ペットロス』と言うのは、
ここから来ているのだそう。



対象喪失を、伴侶動物を失うということに当てはめて見てみると…

一体感を持っていた親しい存在である伴侶動物を失い、
伴侶動物がいてくれたことで成り立っていた環境を失い、
伴侶動物のパートナー(飼い主)としての役割を失ってしまった、
ということになります。



一体感を持っていた親しい存在、大事な存在、尊い存在、かけがえのない存在を失い、
慣れ親しんだ環境が変化し、それまでの役割を失ってしまうのですから、
戸惑いがないはずがありません。


その時訪れる感情は、到底、悲しいという一言では
表現しきれないものであることは、容易に想像することができます。


心理学的にも、伴侶動物を亡くした時、
「人は、喪失のストレスにより、パニック状態になり、
持続的な悲しみの状態になる」と言われており、
この状態は、多くの場合、正常な反応だとされているそうです。


伴侶動物を失った直後にパニック状態になるのではなく、
数日おいてからパニックが押し寄せることも珍しくはないのだそう。


思い切り泣いたらすっきりして、
その後、即、パニックから解放されるというものではなく、
そのパニックは、継続的されるものでもあるそうです。


愛着のある存在で、お互いに依存しあう関係にあった伴侶動物を失うのですから、
その時、私たちの心は千々に乱れ、
その苦しみ、悲しみは、どこまでも深いものであることは間違いありません。


その関係が深ければ深いほど、それらは大きくのしかかってくるでしょう。


伴侶動物との関わりのない方から見ると、
伴侶動物を失った人々の、それらの反応を理解することができず、
その無理解が、伴侶動物を失った人をさらに苦しめることがあると言います。


伴侶動物を、大事な存在として暮らした私たちが、
伴侶動物を失った時、悲しみ、苦しみ、パニックを引き起こすことは、
正常な反応である、ということを、今のうちから、心にとめておくことで、
ほんの少しでもらくになれるかもしれないと思います。


伴侶動物を失ったら、悲しくて苦しくて、つらいのは当たり前。
無気力になってしまうことだってあるでしょう。
そうなってしまった自分を責める必要は、まったくないのです。
それらは、心理学的にも、正常な反応だと言われているのですから。


もし、身近に、伴侶動物を失った方がいらしたら、
その状況、その心痛を察し、
話に耳を傾け、心で受け止めてあげることが、
唯一、身近にいる側として出来得ることなのかもしれません。



■ 仙台市動物管理センター主催講演会
「被災者とともに歩むペットロスケア」より.1 <愛着について>


■仙台市動物管理センター主催講演会
「被災者とともに歩むペットロスケア」より.2 <依存について>




今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございます。
猫さんと皆様との絆が、今日も、いっぱい深まりますように。
キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛犬さん、愛猫さんのための、手作りごはんセミナー/入門編を開催のお知らせ

ペット食育協会(R)上級指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。

■日時/10月15日・土曜日、午後1時〜午後3時
 ※「こんなに簡単でいいの?」という調理をご覧いただきます。
  できたごはんは試食していただき、
  ご希望があれば、愛犬さん、愛猫さんのためのおみやげとしてお持ち帰りいただいています。
■受講費/3,500円(消費税・テキスト代込)

■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、
できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by ilove_nekoyashiki | 2011-09-21 11:55 | 講演会・講習会

「化け猫騒動」に遭遇

先日、所用にて、岩手県は盛岡市に出掛けて参りました。

早めの夕食をすませて通りに出ると、
黒山の人だかりが、やんや、やんやの大騒ぎ。
何やら、とっても楽しそうなのです。

何ごとかと興味をそそられ、首を右へ左へと動かしていると、
とても華やかな山車が、優雅に通りを進んできました。

1台が過ぎるとまた1台。
それぞれの山車を先導する人々のかけ声、
山車の上で威勢よく叩かれる太鼓の音、笛の音で、とてもにぎやか。

d0165160_1418667.jpg
d0165160_14191555.jpg
d0165160_14194049.jpg




















そばにいた方に問うてみると、
「盛岡市でいちばん大きな秋祭り」だとのこと。

中でも、ひときわ私の目をひいたのが、この山車。

d0165160_14212382.jpg




















よくよく見ると、猫さんにむかってヤリらしきものを突きつけ、
猫さんを倒そうとしている人の姿。
おだやかではない光景です。

猫バスではないのね?とすると、あれは何?何?と、
山車のテーマを見てみると、「鍋島騒動」の文字。
鍋島騒動と言えば、確か、「化け猫騒動」としても知られるお話。

なるほど、なるほど。
あの猫さんは、化け猫で、だから、強面なのねと納得。

猫さんと人との関わりは、ずっと遠い昔から続いていて、
その時代その時代で、いろいろと形を変えながら、現在があるのだな、
なんて、そんなことを考えました。

「平成の化け猫伝説」なんていうのができたら困ります^^



山車を引く側、それを見る側の方々。
震災の後だけに、それぞれのみなさんが、このお祭りにかける想いも
より深いものがあったのではないかと想像します。
偶然にも、そこに身をおくことができたしあわせに、心から感謝しました。



今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。
キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛犬さん、愛猫さんのための、手作りごはんセミナー/入門編を開催のお知らせ

ペット食育協会(R)上級指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。

■日時/10月15日・土曜日、午後1時〜午後3時
 ※「こんなに簡単でいいの?」という調理をご覧いただきます。
  できたごはんは試食していただき、
  ご希望があれば、愛犬さん、愛猫さんのためのおみやげとしてお持ち帰りいただいています。
■受講費/3,500円(消費税・テキスト代込)

■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、
できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。
by ilove_nekoyashiki | 2011-09-20 14:39 | 雑記帳

仙台市動物管理センター主催講演会「被災者とともに歩むペットロスケア」より.2 <依存について>

仙台市動物管理センター主催、悠崎仁先生による講演会
「被災者とともに歩むペットロス・ケア」より、第2回目。
今回は、「依存」についてのお話です。


前回は、伴侶動物の発信行動に対して、私たちが、
また、私たちの発信行動に対して動物たちが、
お互いにタイミングよく適切に反応しあうことで「愛着」が形成されるという
お話をご紹介しました。

この「愛着」が深まり、さらに進むことで形成されるのが「依存」です。

依存とは、
充足や適応を目的として、他者(飼い主=⇔伴侶動物)に頼ろうとする傾向のこと。

「アルコール依存」とか「薬物への依存」など、
私個人としては、「依存」という言葉に、あまり良い印象を持っていませんでした。

しかし、心理学的に見ると、正常な依存は、決して悪いものではなく、
むしろ、伴侶動物への依存が生まれることにより、
自己に対する信頼感を築くことができるため、成長や発育にとっては、
必要なものなのだそうです。

つまり、自分は伴侶動物のために役に立つ存在だ、という
自分に対する信頼を持てるようになるためにも、依存は必要だというわけです。

動物たちにとっての依存は、「自分は愛されているという自信」につながり、
精神的にも安定して暮らすことができる、大きな要因になっているのかもしれません。


依存が、自己に対する信頼感を築くというお話をうかがい、
子どもと動物の関係を思い浮かべました。

子どもの情緒の成長に、動物がとても素晴らしい働きをしてくれる、とされるのは
そこに、正常な依存関係が築かれているからなのでしょうね。

せっかく出会うことができた伴侶動物たち。
その縁を大事にしながら、適度に依存しあって、素敵な関係で暮らしたいものですね。

※「病的な依存」とされるものもあり、
これは、明らかに行き過ぎた依存をさすそうです。




■ 仙台市動物管理センター主催講演会
「被災者とともに歩むペットロスケア」より.1 <愛着について>





今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。
キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛犬さん、愛猫さんのための、手作りごはんセミナー/入門編を開催のお知らせ

ペット食育協会(R)上級指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。

■日時/10月15日・土曜日、午後1時〜午後3時
 ※「こんなに簡単でいいの?」という調理をご覧いただきます。
  できたごはんは試食していただき、
  ご希望があれば、愛犬さん、愛猫さんのためのおみやげとしてお持ち帰りいただいています。
■受講費/3,500円(消費税・テキスト代込)

■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、
できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。
by ilove_nekoyashiki | 2011-09-15 11:30 | 講演会・講習会

がんばれ、がんばれ!

残暑が厳しいとは言え、
朝晩はだいぶ涼しく、過ごしやすい日が続くようになりました。

涼しくなるにしたがい、
うめちゃん、ももちゃんによって繰り広げられる運動会も盛大なものになり、
観戦する側としては、何とも楽しいものです。

がんばれ、うめちゃん!
まけるな、ももちゃん!

わおわお、すごいすごい。
速いねー。
かっこいーい!

彼らが走りまわる、タカタカ、トコトコという音を聞き、
その素晴らしい身体能力を見せてもらいながら、
やんや、やんやと声援を送る今日この頃。
もちろん、声援は、うめちゃん、ももちゃん、両方に公平に、です。

d0165160_10561528.jpg
d0165160_10565151.jpg

























朝の運動会、第一幕を終えたうめちゃんとももちゃん。
さて。
午後の運動会は、何時に開始の予定ですか?


今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。
キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛犬さん、愛猫さんのための、手作りごはんセミナー/入門編を開催のお知らせ

ペット食育協会(R)上級指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。

■日時/10月15日・土曜日、午後1時〜午後3時
 ※「こんなに簡単でいいの?」という調理をご覧いただきます。
  できたごはんは試食していただき、
  ご希望があれば、愛犬さん、愛猫さんのためのおみやげとしてお持ち帰りいただいています。
■受講費/3,500円(消費税・テキスト代込)

■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、
できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。
by ilove_nekoyashiki | 2011-09-14 10:59

仙台市動物管理センター主催講演会「被災者とともに歩むペットロスケア」より.1 <愛着について>

先日、仙台市動物管理センター主催の講演会
「被災者とともに歩むペットロス・ケア」を拝聴させていただきました。

講師は、獣医師であり、ペットロス ケアカウンセラー、
産業カウンセラーであり、また、作家でもある悠崎仁さん。

伴侶動物と人の関係・絆がどのようにして作られるのか、
ペットロスの概念、
伴侶動物を失ってからの人の心の動き、それに対するサポートの仕方など、
おだやかな表情で、やさしく語られる内容は、
とても幅広く、また、深く深く心にしみいるものでした。


素晴らしいお話を聞かせてくださった悠崎先生と、
主催の仙台市動物管理センターに感謝の意をこめて、
少しずつ、ごくごく簡単にではありますが、
講演会の内容をご紹介させていただきたいと思います。




今回は「愛着」について。

特に意識していることではありませんが、
共に暮らす伴侶動物と私たちの間には愛着が形成されています。

この愛着が形成されるメカニズムをみてみるとー。

伴侶動物たちは、自己の発信行動、たとえば、ごはんの催促、
お散歩の催促、遊ぼう!の催促、
あるいは、今日は天気が良くて気持ちがいいねというほほえみがあるかもしれません。
これら、動物からの発信行動に対して、
私たちが、タイミングよく、適切に反応を返すことによって、
伴侶動物は、人に対して愛着を築いてくれます。

また一方で、私たちの発信行動、
たとえば、今日はこんな事があったよ、という報告等に対して、
伴侶動物たちが、タイミングよく、適切に反応してくれたと感じた時、
人の、伴侶動物への愛着は、ますます深まっていく、
という具合になるのだそうです。

この発信行動と、それに対する反応は、一方方向ではなく、
伴侶動物から人へ、人から伴侶動物へと、
常に双方向に働いているというのも、大きなポイントのようです。

なるほど!ですよね。

メカニズムというと、ちょっと難しいことのようにも感じられますが、
実は、毎日、ごくごく当たり前に交わしている伴侶動物たちとの心の会話や交流、
ふれる、なでる、抱き上げるなどのあらゆる行為が、
伴侶動物と私たちの間に、深い深い愛着を作り出しているのですね。


たぶん、私たちが意識している以上に、
伴侶動物たちは、私たちの心の動きを敏感に察しているはず。

だからこそ彼らには、なるべく心配をかけず、悲しい想いをさせないよう、
にこにこ元気、しあわせな気持ちで、
毎日を過ごさなくては、と改めて、そう思いました。

そして、相棒である、うめちゃん、ももちゃんの心の声に、
より注意深く耳を傾けてあげられるようにしたい、とも思うのです。

日々の暮らしの中、お互いに想い合い、反応し合うことによって
私とうめちゃん、ももちゃんとの愛着がますます深まって行くことが、
とてもしあわせなことのように思えてきます。

縁あって出会うことができた、大切な大切な伴侶動物。
伴侶動物との絆は、決して、誰にも壊されることなく、日々深まっていくもの。
愛着を深めつつ、彼らと一緒の毎日毎日の暮らしを、大事にしたいものです。

d0165160_14322823.jpg
































この気持ち良さそうな寝姿も、十分に愛を伝えてくれているように感じます。
悩み事なんか、ふきとばしてくれる、有り難い存在です。




今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。
キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛犬さん、愛猫さんのための、手作りごはんセミナー/入門編を開催のお知らせ

ペット食育協会(R)上級指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。

■日時/9月17日・土曜日、午後1時〜午後3時
■日時/10月15日・土曜日、午後1時〜午後3時
 ※「こんなに簡単でいいの?」という調理をご覧いただきます。
  できたごはんは試食していただき、
  ご希望があれば、愛犬さん、愛猫さんのためのおみやげとしてお持ち帰りいただいています。
■受講費/3,500円(消費税・テキスト代込)

■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、
できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by ilove_nekoyashiki | 2011-09-13 14:48 | 講演会・講習会

安ければ安いほど…は猫さんの体にいいのか、悪いのか。

一般的に、食に対しては、とても頑固だと言われる猫さん。

とは言え、それがすべての猫さんにあてはまるわけではなく、
一方で、とても飽きっぽくて、同じフードが何日か続くと、
すぐに食べなくなってしまう、という猫さんがいるのも事実のようです。

猫さん側からすると
「もっとおいしいごはんちょうだいな」というところでしょうか。

以前、猫さんの、この「もっとおいしいの!」に応えていたパートナーさんが
「安いフードにすればするほど、喜んで食べる」という事実に気が付いて大慌て。
「これではいけない。きちんとした物を食べてもらわなければ」という強い想いを抱えて
『愛犬・愛猫のための手作りごはんセミナー』に参加してくださいました。

安いフードであればあるほど、猫さんの食がすすむ…。

よくよく見ているとわかる通り、
猫さんはまず、嗅覚によって、食べる食べないを判断する生きもの。

残念ながら、そのパートナーさんが、どの位の金額のフードを指して
先の言葉をおっしゃったのかを確認するのは失念してしまったのですが、
安いけれど、猫さんの食がすすむように作っているフードメーカーさんの
研究の成果とその技術に、
セミナーに参加してくださった皆さんが感心し、
同時に驚きを禁じ得なかった様子だったのを覚えています。

さて、しかしながら。
猫さんの嗅覚に訴える香料、
そして、私たちの見た目に「きれい」と訴えるための着色料など、
これらの添加物は、なるべくなら、体に摂り込んでほしくないもの。

そんな想いが、きっかけの一端となり、
私は、相棒猫・うめちゃん、ももちゃんの手作りごはんを開始しました。

しかし、正直なところ、
手作りごはんを毎日、となると、少々きついこともあり、
手作りごはんの替わりになる、何かいい物はないかと
探しに探して、納得できるものとして、ようやく行き着いたのが、
猫屋敷おすすめの『こだわりのジロ吉ごはんだよ!』です。

封を開けた瞬間、私たち人間が感じる「いい香り」は、
悲しいことに、研究されつくして作られた香料に慣れている猫さんの鼻には
「ちょっと違う」ものに感じられるのかもしれません。

猫さんにとって「いい香り」のドライフードから
人にとって「いい香り」の『こだわりのジロ吉ごはんだよ!』への
切り替えは、猫さんによっては、時間がかかる場合もあるかもしれませんが、
私たちの忍耐、根気、本気度によって、それはいずれ、きっとかなうものです。

大切な大切な猫さんに、いい物を食べさせてあげませんか?
人のための食材で作られた『こだわりのジロ吉ごはんだよ!』、おすすめです。

もちろん、手作りごはんも、おすすめ!です^^

d0165160_11232235.jpg




























おいしそうに『こだわりのジロ吉ごはんだよ!』を食べてくれるうめちゃん。
器は、猫さんの食べやすさにこだわって作った『猫さんのごちそう皿』です。



今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。
キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛犬さん、愛猫さんのための、手作りごはんセミナー/入門編を開催のお知らせ

ペット食育協会(R)上級指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。

■日時/9月17日・土曜日、午後1時〜午後3時
■日時/10月15日・土曜日、午後1時〜午後3時
 ※「こんなに簡単でいいの?」という調理をご覧いただきます。
  できたごはんは試食していただき、
  ご希望があれば、愛犬さん、愛猫さんのためのおみやげとしてお持ち帰りいただいています。
■受講費/3,500円(消費税・テキスト代込)

■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、
できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by ilove_nekoyashiki | 2011-09-08 11:33 | 猫さんの手づくりごはん

警戒心ゼロ

警戒心のまったくない、こんな寝姿を見せられるたび、
あーよかった、安心して暮らしてくれているのだな、とほっとして、
何だか、とっても嬉しくなって。

用事もないのに「ももちゃん」「もーもちゃん」と呼びかけては、
そのたびに「あ、うるさいよね、ごめんね」とあやまってしまう日々。

そっと、静かにしておいてあげるって、
簡単にできそうで、いやいや、これ、なかなか難しいことです。
だって、何だか、とても愛おしくて愛おしくて。
それを伝えずにはいられない気分になってしまうのです。

「ももちゃん」「もーもちゃん」「ももさーん」「ももにゃんにゃん」
その時によって、呼び名もいろいろ。
はて。
私は、一日に何度、彼の名前を呼んでいるのだろう、なんて考えます。

d0165160_16114458.jpg

















ももちゃんが眠っているのは、
オーガニックコットンで作った「猫さんのざぶとん」の上。
中綿にもオーガニック綿を使った、ふんわりやさしいざぶとん。
思わず、こんな無防備な寝姿になってしまうやわらかさなのです^^



今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。
キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛犬さん、愛猫さんのための、手作りごはんセミナー/入門編を開催のお知らせ

ペット食育協会(R)上級指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。

■日時/9月17日・土曜日、午後1時〜午後3時
■日時/10月15日・土曜日、午後1時〜午後3時
 ※「こんなに簡単でいいの?」という調理をご覧いただきます。
  できたごはんは試食していただき、
  ご希望があれば、愛犬さん、愛猫さんのためのおみやげとしてお持ち帰りいただいています。
■受講費/3,500円(消費税・テキスト代込)

■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、
できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by ilove_nekoyashiki | 2011-09-07 16:16

仙台市で「動物愛護週間行事」が行われます。

9月20日から26日までの「動物愛護週間」にあわせ、
仙台市でも「動物愛護週間行事」が行われます。



■動物愛護市民セミナー
 日時:9月9日・金曜日 14:00〜16:00
 会場:仙台市戦災復興記念館 4階第2会議室
 テーマ:被災者とともに歩むペットロス・ケア
 講師:獣医師・ペットロス ケアカウンセラー・作家/悠崎仁さん
 主催:仙台市動物管理センター


 あまりにもつらく、悲しいことではありますが、
 今回の震災で、共に暮らす大切な動物パートナーを失った方も
 少なくないと思います。
 周囲に、そのようなつらい経験をなさった方がいる、という方が
 いらっしゃるかもしれません。
 それぞれの立場から、ペットロスにどう向き合えばいいのか、
 大きなヒントが得られる事と思います。
  
 ※当日は、直接会場にお出かけください。





■動物慰霊祭
 日時:9月10日・土曜日 10:00〜11:00
 会場:仙台市戦災復興記念館 記念ホール
 主催:仙台市動物管理センター


 動物パートナーの御霊を慰める式典です。
 毎年行われているこの慰霊祭では、とても美しく、やさしい祭壇が設けられます。
 今年は、この祭壇に、亡くなった動物たちの写真を置いていただけるとの事。
 写真は、当日ご持参いただいても構いませんが、
 できるなら、事前に、仙台市動物管理センターにお持ちいただきたい、との事です。
 大切に暮らした犬さん、猫さんの写真で祭壇をつくりあげ、
 亡くなってしまった彼らのために、共に心をあわせ、共に祈りませんか?

 ※慰霊祭へのご参加をご希望の方は、当日、直接会場にお出かけください。





■第5回被災犬譲渡会
 日時:9月25日・土曜日 13:30までに会場にお集りください。
 会場:仙台市動物管理センター
 主催:仙台市被災動物救護対策本部


 震災後、動物管理センターで保護された犬さんたちの、新しい家族を募集します。
 大切な命を、正しく育てるための講習を受けていただいた後、
 どの犬さんを迎えたいかの希望を募り、譲渡者を決定し、準備が整い次第
 譲渡されるそうです。

 大切な命。
 愛されるために生まれてきた命。
 どうか、すべての犬さんに、愛情あふれる家族が見つかりますように。

 ※事前にお申し込みが必要です。
 電話またはファクシミリにて、お申し込みください。
 
お問い合わせ
仙台市動物管理センター
 仙台市宮城野区扇町6-3-3
 電話:022-258-1626
 ファクシミリ:022-258-1815
 ホームページ:http://www.city.sendai.jp/shizen/dobutu


 
by ilove_nekoyashiki | 2011-09-05 20:12 | お知らせ・お願い