<< 収穫! 猫さんの誤飲にご注意を。 >>

長生き猫さん/長生きの秘訣.その2 <歯磨きしましょう!>

長生き猫さんに、精神的ストレスはなさそう、
ということは、先日「長生き猫さん/長生きの秘訣.その1」でご紹介した通りです。

もうひとつ。
長生き猫さんに共通している「ある事」に気が付きました。

それは「歯が、とてもきれい」だということです。

私が出会った長生き猫さんの多くが、真っ白つやつやの歯を持ち、歯石や歯垢がないのです。

「歯みがきをしているのですか?」という私の問いに
「しています」というお答えをくださった方は、実は、皆無。

猫さんによって、歯垢がつきやすい歯の質、
つきにくい歯の質があるとはよく言われることですが、
猫さんたちの歯を見るたびに、本当にそうなのだなぁと実感しています。

歯垢があるということは、そこからさまざまな細菌が体の中に入り込んで悪さをし、
病気を引き起こす可能性がある、というのも、ここ最近よく言われることです。

つまり、若くても、そうでなくても、歯はきれいに保ってあげたほうがいい
ということですね。

皆様、猫さんの歯みがきはなさっていますか?

猫さんにとっては、最大の武器となる歯。
それに触れられることを好む猫さんは、そうそういないでしょう。
ましてや、口の中に歯ぶらしを入れられるなんて、
猫さんにとっては、はなはだ迷惑な話だと思います。

そう。猫さんの歯みがきを習慣化するのは、実に大変なこと。

しかし、しかし!
愛する猫さんの健康を保つためにも、
ぜひ、歯みがきを、毎日の暮らしの中に取り入れていただきたいと思います。

難しいことを承知で言えば、楽しみながら歯みがきができるのが理想ですよね。

あなたはそれが出来ているの?
と聞かれると、正直なところ、まだまだではあるのですが…。




さて。
では、どのように、歯みがきを習慣化することができるのかについてですが…。

最初から歯ぶらしを口に入れたりしたら、
どんな猫さんだって、びっくりして当然でしょう。
まずは、口のまわりに触れられることに慣れてもらうことから始めると
いいかもしれません。

優しく声をかけながら、口のまわりをなでなで。
時に、上くちびるをニュッと引き上げてみたり、チョチョッと歯に触れてみたり…。

口のまわりに触れられること、口に手を入れられることを嫌がらなくなったら、
指にガーゼを巻いて、歯をキュキュッとさわってみましょう。
最初は指で歯に触れるだけでOKです。
徐々に、歯をこすることができるようになれば、ラッキーですね。

一日に一度、ガーゼで歯をふいてあげるだけでも、
何もしないよりはずっといいはずです。

d0165160_136493.jpg






















慣れてきたら、市販の歯ぶらしを使っての歯みがきに挑戦してみましょう!

歯みがきの方法
歯と歯ぐきの隙間に、歯ぶらしを立てるようにしてあてて、
空気を入れるような感覚でみがくのがポイントだそうです。
何でも、口内で増える菌は、酸素によって抑えられることが多いのだとか。


うーん、難しそうですね。
でも、何事も、やってみなければわかりません。
とにかく、挑戦あるのみ!
猫さんの健康のためにも、一緒に頑張りましょう!

d0165160_13122272.jpg






















上の写真は、「たんぽぽ歯ぶらし」で、強制歯みがき実施中のうめちゃん。
「たんぽぽ歯ぶらし」は、みかんちゃんのママさんがわざわざお送りくださいました。
みかんちゃんママさん、本当にどうもありがとうございます。

みかんちゃんは、このたんぽぽ歯ぶらしを遊びながらガジガジすることで
歯みがきができているのだそう。
うらやましいです…。

相棒猫・うめちゃん、ももちゃんのためにも、歯みがきの習慣化!を目指し、
日々奮闘中の私です。


最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。


d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
[PR]
by ilove_nekoyashiki | 2010-07-14 13:19 | 猫さんのための知恵袋
<< 収穫! 猫さんの誤飲にご注意を。 >>