<< 「ごめんね」と謝るくらいなら あなたはどこの子? >>

猫さんに、しつけをされる

うめちゃんを迎えた時も、
ももちゃんを迎えてしばらく経ってからも、
手作りごはんをあげようなどという発想はまったくありませんでした。

正確に言えば、手作りごはんというものを知らなかったのです。
キャットフードが、猫さんにとってのパーフェクトフード、
プレミアムフードと呼ばれる物以外に何がある、
とキャットフードがいちばんだと信じて疑わなかった時期があったのだなぁと、
今にして思います。

一般的には、幼いももちゃんが子猫用フードを食べるべき、と言われている頃、
うめちゃんは、すでにおとな猫さん。

当時の知識では、当然のことながら、彼らが食べるべきキャットフードは
子猫用と成猫用、それぞれ別の物でした。

しかしながら、それぞれが自分用のキャットフードではなく、
お互いのキャットフードに興味を持ち、
相手のフードを食べようとするので、それを阻止すべく
頭を抱えてしまったことが懐かしく思い出されます。

何が何でも年齢に合ったキャットフードを、と思っていた私は
お兄ちゃん猫・うめちゃんが自分用のフードを食べている間、
ももちゃんには、子猫用のフードを、手の平にのせて食べさせるという
方法をとってしまいました。

これは、明らかに、間違った方法だったと、のちのち、気づかされることになり、
そして、それは今も、大きな後悔として残っています。


どれをあげるのがいいのだろう?と悩んでしまうくらい
たくさんの種類が販売されているキャットフード。
そのキャットフードの他に、
私自身がいただく、産地や鮮度がわかる食材を使い、
うめちゃん、ももちゃんのために作る、手作りごはんという選択肢を加えて数年。

彼らは手作りごはんが大好きだとわかっていながらも、
どうしても時間の余裕がない時には、キャットフードにお世話になっています。

大きな後悔を伴う、ももちゃんの「悪い癖」が出るのは、
この、キャットフードの日。
(もちろん、ももちゃんに悪い癖を覚えさせてしまったのは、私の責任です)

キャットフードがごはんの日、
ももちゃんは、準備してあるキャットフードを、自ら進んで食べようとはせず、
仕事机に向かう私に向かって「ごはんを食べさせておくれ」と主張します。

あわれっぽい声でないているうちは、まだ、よし。

「ももちゃん、ジロちゃん準備してあるよ。自分で食べなくちゃ駄目だよ」と
自分で食べるよう促す私の声を聞き、
一度は「チェッ。駄目か」とばかりに席を離れてはいくものの、
数分後にはまた、あわれを誘う声。
しまいには、後ろ足で立ち上がり、「エイッ」と、私の腕に自分の手をのせるのですから、
たまったものではありません。

こうなったら、もう、いけません。

放っておいたら、次はどんな手に出るのだろうと思いながら、
つい、私は、ももちゃんにごはんをあげるために、席を立ってしまうのです。

そうです。
「ぼくがこんな風に要求したら、たとえ仕事中でも、
席を立って、手でごはんを食べさせてくれること!」と
私は、ももちゃんにしつけられてしまったのです。

しつけられた通りに席を立ち、手の平にごはんをのせてあげても
食べないことも多々あり、
これはきっと、「キャットフードではなく、手作りごはんを作ること!」を
しつけようとしている、ももちゃんの試みではないかと感じています。

いろいろな場面で、猫さんのしつけを受けている方が
少なくはないと感じていますが、さて、みなさまはどうでしょう?

d0165160_1321094.jpg

























猫屋敷オリジナル「猫さんのお茶碗」でごはんを食べるももちゃん。
自分で食べているということは、
もちろん、この日は手作りごはんです。


今日も、最後までお付き合いくださいましてどうもありがとうございます。

………………………………………………………………………………………………………………………

お知らせです!
9月と10月の「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」開催日程が
決定致しました。
皆様のご参加、お待ちしております。


ペット食育協会(R)指導士として、
「愛犬・愛猫のための手づくりごはんセミナー/入門編」を開催致します。
愛するパートナーに、食べる楽しみをあげたいという方、
安心・安全なごはんを食べさせてあげたいと思っていらっしゃる方、
ペットフードを食べたがらずに困っているという方などなど、
愛犬さん、愛猫さんの「食」を考えたい方に、おすすめです。

■日時/9月18日・土曜日、10月16日・土曜日、 いずれも午後1時〜午後3時
■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

■お申し込み・お問い合わせ
 メールにてお申し込みの方/E-mail:cs@nekoyashiki.jp
 お電話にてお申し込みの方/Tel.022-388-3848


全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。

………………………………………………………………………………………………………………………

お知らせ&お願いです!

d0165160_1419174.jpg












ヤマトくんを、大切な家族として迎えてくださる方を探しています。
詳細はこちらをご覧ください。
よろしくお願い致します。

………………………………………………………………………………………………………………………

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。
[PR]
by ilove_nekoyashiki | 2010-09-15 13:05
<< 「ごめんね」と謝るくらいなら あなたはどこの子? >>