<< お部屋の模様替えに対する、猫さ... ガスの復旧、ありがとう! >>

ちゃしろさんの去勢手術

ちゃしろさん、去勢手術、無事終了しました。
ふーっ。無事に済んで、ほっとしています。

朝9時すぎに病院に到着。
麻酔がしっかりさめるまで、病院で様子を診ていただけるとの事で、
「5時すぎに迎えに来てください」と言われ、病院を後にしました。

ちゃしろさん、ひとりで大丈夫かしらん?などと考えていた昼前、
「手術は無事終了しました。麻酔もさめて元気にしていますので、
1時すぎには迎えて来ていただいて結構です」との連絡。

ご連絡いただいたことへの御礼を述べていると、
電話の向こうから「わぉーん。あぉーん」というちゃしろさんの声。

うぷぷぷ。
病院でも、相変わらずの元気ぶりを発揮している様子に、ほっとして、
思わず、笑ってしまいました。

ということで、予定を大幅に繰り上げて、ちゃしろさんをお迎えに行き、
ほぼ4時間ぶりの再会です。

頑張りましたね、ちゃしろさん。
偉かったですね、ちゃしろさん。
慣れない場所での、はじめての経験、本当に、お疲れさまでした。
元気に帰って来てくれて、どうもありがとう。

d0165160_16491714.jpg


































去勢手術、不妊手術に対しては、その方それぞれのお考えがある事と思います。
「健康な体にメスを入れるなんてかわいそう」とおっしゃる方もいるでしょう。
確かに、小さな体にメスが入れられるのを想像するだけで胸が痛みます。
しかし、手術をすることによるメリットがあることも事実。
適切な時期に不妊・去勢手術をすることで、
たくさんの病気を防ぐ、あるいは緩和することができるという報告があります。

予防できる病気として、
男の子なら睾丸腫瘍、精巣上体腫瘍、前立腺肥大などがあり、
女の子の場合なら、子宮蓄膿症、子宮内膜炎、乳腺腫瘍、子宮癌、卵巣癌などが
挙げられます。

もちろん、不妊・去勢をすれば絶対にこれらの病気に罹らないとは言えませんし、
不妊・去勢をしない子が必ずこれらの病気になるとも言えません。

しかし、不妊・去勢すれば、
高い確率で、これらの病気への罹患を予防することができるのは事実のようです。

猫さんが年齢を重ね、体力も落ちた時に受ける手術と、
若くて健康な時に受ける手術を比較すると、
猫さんにとって、精神的にも肉体的にも負担が少なくてすむのは、
若いうちに受ける不妊・去勢手術なのではないか、と私は考えています。


今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。
キャットシッター猫屋敷・鈴木美由起


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。


d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、
できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。


d0165160_10294120.jpg
仙台の、猫専門のペットシッター「キャットシッター猫屋敷」のページです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by ilove_nekoyashiki | 2011-04-21 16:55 | 猫さんの快適生活のために
<< お部屋の模様替えに対する、猫さ... ガスの復旧、ありがとう! >>