<< 猫さんのための手作りごはんは面白い。 くりちゃんと、動物の愛護及び管... >>

しろさんのしっぽ

膀胱炎の治療で病院に行って以来、
どういうわけか、ごはんを食べる時にはいつも、
ピンと立てた「しっぽを持っていてほしい」と訴えるようになった
というしろさん。


どんなに朝早い時間でも、
どんなに、夜の遅い時間でも、
自分がごはんを食べる時には「一緒に来て」と誘ってくれるのだそう。


「そばにいてくれる、という安心感を得たいのだと思う」とおっしゃるTさん。


もう少し眠っていたいと思う時でも、眠りについてすぐでも、
しろさんのお誘いに応じて、おふとんを抜け出し、
しろさんのごはん時間の間中、そっと、しろさんのしっぽを持ち、
そばにいることを伝えているそうです。


睡眠を妨げられてしまうTさんを思うと、
何とも気の毒なお話だけれど、何だか、とても微笑ましいエピソード。


しろさんの「しっぽを持っていてほしい」と訴える能力と、
それを感じとることのできるTさんの洞察力の素晴らしさに、
感動してしまうお話でもあります。


Tさんの手からは、きっと「大丈夫、大丈夫」というメッセージが出ていて、
それが、しろさんに届いているのではないかと感じています。


一緒に暮らす時間が長くなれば長くなるほど、
猫さんと人は、無理なく、ごくごく自然に、お互いの意志のやりとりを
行っているのだろうなと、そんなことも感じさせられました。





今日もお付き合いくださいまして、どうもありがとうございます。
猫さんと皆様が、いつも、にこにこ笑顔いっぱい、
元気いっぱいでお過ごしくださいますことを、心よりお祈り申し上げます。

ありがとうございます。
キャットシッター猫屋敷 鈴木美由起


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ペット食育協会(R)認定・ペット食育講座
『愛猫さん、愛犬さんのための、手作りごはんセミナー/入門講座』開催のお知らせ


手作りごはんのメリット、ペットフードのメリット、
手作りごはんをはじめる際に、知っておくと安心なことなど、
猫さん、犬さんの「食」についての講座です。
講座受講終了後には、自信を持って、手作りごはんをはじめていただける、
充実した内容です。


■第56回:日時/6月21日・土曜日、午後1時〜午後3時
■第57回:日時/7月19日・土曜日、午後1時〜午後3時

※「こんなに簡単でいいの?」という調理をご覧いただきます。
  できたごはんは試食していただき、
  愛犬さん、愛猫さんのためのおみやげとしてお持ち帰りいただいています。
■受講費/3,800円(消費税・テキスト代込、調理実演、お土産付き)
■会場/リフォームスタジオ仙台・スイコー本店
    (宮城県仙台市泉区松森字陣ヶ原50-1)
■お申し込み/E-mail:cs@nekoyashiki.jp
       Tel.022-388-3848

       ※留守の場合もございます。
       お電話番号をお知らせください。折り返しご連絡させていただきます。

■詳細は http://cs.nekoyashiki.jp/をご覧ください。

全国各地で「ペット食育協会(R)」の指導士が
手づくりごはんのセミナーを開催しています。
手作りごはんにご興味のある方は、ぜひ受講なさってみてくださいませ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10233026.jpg
うめちゃん、ももちゃんとの出会いを綴った「相棒猫日記」はこちらです。
ぜひご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0165160_10265194.jpg猫さんと人の快適としあわせのために。
天然木のキャットタワーやオーガニックコットンのベッドなど、
できる限り天然素材を使用して作った猫さんのためのグッズのお店です。
ぜひご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by ilove_nekoyashiki | 2014-05-22 08:49 | 猫さんの快適生活のために
<< 猫さんのための手作りごはんは面白い。 くりちゃんと、動物の愛護及び管... >>